ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビルの写真を撮影したら著作権の問題がある?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 Bさんは、最近できた高層ビルを見学にいきました。このビル、有名な建築家の設計によるもので、高さ300mを誇る、最新鋭のオフィスビルです。そこで記念撮影にと、ビルの外観写真を撮りました。

 Bさんが撮影した写真は、有名な建築家のビルだから著作権法上違法なものとなるでしょうか?

(1)基本的に問題にならない
(2)違法なものである

A.

正解(1)基本的に問題にならない

 建築物を写真撮影する場合、基本的には著作権法上の問題は生じません。そもそも建築物は、「建築の著作物」に分類されるものの、すべての建築物に著作権が認められるわけではなく、「文化的精神性の表現として建物の外観を中心に検討すべき」だとされ、芸術性のある一部の建物にしか認められません(福島地判平成3年4月9日など参照)。
 したがって、オフィスビルなどを撮影したとしても、著作権で保護されていないため、問題はありません。

 加えて、建築の著作物であっても写真撮影をする事は著作権法46条において認められているため、結局のところ問題になることはありません。

元記事

ビルの写真を撮影したら著作権の問題がある?

関連情報

上司の違法コピーをとがめる方法はないでしょうか?(なっとく法律相談)
結婚式で使用する音楽の著作権について(なっとく法律相談)
パントマイムって著作権で保護される??(法律クイズ)

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP