ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アベノミクス効果あった? 上場企業年収ランキングトップ20

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 果たしてアベノミクスは給与アップの効果を生み出せたのか。本誌は東京商工リサーチの協力のもと上場企業の年収ランキングを作成した。以下、上位20社を紹介しよう。

【凡例】
会社名
2013年度平均年収(万円)/2012年度平均年収(万円)/2013年度従業員数(平均年齢)

【1位】フジ・メディア・ホールディングス
1,506/1,479/36(43.4)

【2位】TBSホールディングス
1,499/1,484/70(51.3)

【3位】野村ホールディングス
1,488/1,334/132(41.5)

【4位】朝日放送
1,479/1,444/650/(42.3)

【5位】日本テレビホールディングス
1,454/1,491/136/(47.0)

【6位】キーエンス
1,440/1,321/2,038/(34.8)

【7位】日本M&Aセンター
1,412/1,217/149/(34.5)

【8位】テレビ朝日ホールディングス
1,395/1,303/1,130/(42.1)

【9位】東京海上ホールディングス
1,387/1,253/426/(42.5)

【10位】伊藤忠商事
1,383/1,389/4,235(41.3)

【11位】三菱商事
1,355/1,419/6,358/(42.8)

【12位】スクウェア・エニックス・ホールディングス
1,351/1,925/22(44.8)

【13位】三井物産
1,351/1,363/6,160(42.4)

【14位】GCAサヴィアン
1,331/1,555/127(36.6)

【15位】住友商事
1,304/1,309/5,228(42.7)

【16位】ミツウロコグループホールディングス
1,303/1,255/4(51.3)

【17位】丸紅
1,274/1,222/4,289(41.7)

【18位】三井住友フィナンシャルグループ
1,264/1,158/251(40.5)

【19位】アクセル
1,240/1,272/74(40.1)

【20位】テレビ東京ホールディングス
1,221/1,210/118(44.5)

【注】データは東京商工リサーチ提供。対象は2013年度に全金融取引所に上場していた3502社。平均年収は有価証券報告書の「従業員の状況」に記載されている平均年間給与の額。平均年収には残業代、ボーナスが含まれ、原則としてストック・オプションは含まれない。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年収減少時代 公務員の給料は1001万円に増えている
株主優待だけで生活する男性 吉野家株で重宝なのはサービス券
早慶OB年収対決 OB平均年収は早稲田572万円で慶応632万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP