ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダンサー・紅蘭 父で俳優の草刈正雄の溺愛エピソードを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「気づいたら正雄と呼んでいた気がします。あ、正雄くんと呼ぶときが多いかな。一度、兄さんと呼んだら、正雄から『パパだ!』って否定されました(笑い)」

 草刈正雄(62才)を正雄と呼ぶのは、長女でダンサーの紅蘭(くらん・25才)。飄々としたキャラクターで、テレビのバラエティー番組でも活躍している。

 父親譲りの彫りの深い顔だちが印象的な彼女はダンサーの活動開始当初、有名人の子供に生まれたことで苦悩した。

「大きいイベントのメインダンサーに選ばれると、『あの子は草刈正雄の娘だから、どうせコネでしょ、父親が金払っているんでしょ』と言われました。私の実力なのに…。めちゃくちゃ悔しかった」

 仲のいい友達でさえ、紅蘭を紹介する時の決まり文句は「この娘、草刈正雄の娘」だった。

「いいことをしても『どうせ芸能人の娘だから』。悪いことをしたら『芸能人の娘なのに』。どっちに転んでも言われる。なんなんだよ!って思いました」

 その凝り固まったイメージに嫌気が差して、へそにピアスなどファッションで自己表現をするようになった。だが、ますます周囲からは白い目で見られるようになった。そんなこともあって、高校1年生の時に1年間のアメリカ留学を決意した。

「父に変な気を使わせたくなかったから、何も言わずに行こうと思ったんです。母にだけ相談して。でも、出発前日に気づかれて、当日の朝に抱きつかれて号泣されました。帰国時には父は空港まで迎えにきてくれました。お寿司を持って『日本食食べたいだろ』って(笑い)」

 父はとても心配症なのだ。

「今も実家住まいなんですが、軽く咳をしようものなら、父が『救急車呼ぶか?』と本気で言ってくるんです」

 学生時代に彼氏を実家に連れてきた時には、ショックのあまり、父は家出したという。

「バラエティー番組の収録が終わると、『いじめられなかったか?』と電話をいつもかけてきます」

 昔は父のことに触れられるのが悩みだった。しかし、比較されるほど有名な父だからこそ、今の自分があると思えるようになった。

「父は芸能界で成功したから、娘の私が比べられるんです。父を『成功』の基準と考えて、父より絶対お金を稼ごうとか。そういう目標ができて頑張れるんです」

 毎年、誕生日には、父から花束が贈られる。

「今年はひまわりでした。毎年、私をイメージしたと言ってくれるんですけど、毎年違う花ってどういうことなの? って思いますけど(笑い)」

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
便所掃除からソープの帝王にのし上がった男の人生を描いた本
レスラー赤井沙希「赤井英和の娘の割にかわいい」と言われる
草刈正雄「こういう顔なので時代劇出演は無理と思っていた」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP