ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本球界の勝利数トップ3が一堂に会す 合わせて1070勝815敗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1933年生まれの金田正一氏が400勝、1938年生まれの米田哲也氏が350勝、1934年生まれの小山正明氏が320勝、プロ野球史上1~3位の勝利数あわせて1070勝。日本球界における勝利数ベスト3が一堂に会し、史上初となる鼎談(ていだん)を開催した。鼎談開始直前、小山氏がおもむろにサイン色紙を取り出した。

小山正明(以下、小山):カネさん、これ書いてくれませんか。

金田正一(以下、金田):なんじゃ。ワシのサインが欲しいのか。

小山:この3人が集っての鼎談は初めてでしょ。友人に話したら、「連名のサインを絶対もらってくれ」というんですわ。

金田:老い先短いからのォ。

小山:こんなガラの悪いのを3人集めるのも大変だしね(笑い)。ヨネも頼むわ。

米田哲也(以下、米田):わかりました。3人で合わせて何勝ですかね?

──1070勝です。

米田:すごいね(笑い)。

──815敗ですが。

金田:いらんこというな。ヨネ、体調はどうだ?

米田:大丈夫です。

金田:梅毒は?

米田:何ですかそれ、勘弁してください(笑い)。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏の甲子園 学校別通算勝利数の1位は愛知の中京大中京76勝
金田正一氏 プロ入り1年目から巨人なら「600勝は行ったな」
「渡鬼」岡倉家の子供が全員女の理由が明かされる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。