ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トンカツマニアが語る「トンカツを美味しく食べるためのからしのつけ方」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そもそもトンカツにからしはをつけるのはなぜか。「ほお張ったときに甘味が増すため」「豚の臭みを消すため」などと一般的にいわれております。

実は私自身はからしを、あんまりつけないタイプ。十分ソースでおいしいと思うから、それほど必要を感じていないのです。ま、そのときの気分によって。トンカツ定食に必ずからしは付いているかといえばそうでもないし、見渡してもあんまりからしをつけている人はあんまり多くないような気がする。

とはいえ「からしがねぇトンカツはトンカツじゃぁねぇ!」という人もいるはずだし、そこは人の好みの領域である。さて、からしの付け方をいくつか考えてみた。

1. 皿チョン式
皿の端に盛ってあるからしを、そのつどチョンチョン付けながら食べるやり方である。手間もかからず、一番スタンダードなからしの付け方だと思う。ただこの方式の悪いところは、ほお張るときに、からしをつけた先端部が一番最初に口の中に入るため、ちょっぴり辛い目にあう危険性があるのである。

2. バター式
これは、トーストにバターを塗るように、からしをまんべんなく塗るやり方。実際にこれをやっている人を店で見たことがある。その彼は丁寧にからしをトンカツ全体に塗って、そこに、全体にきれいにソースをかけてから食べてた。他人ながら、「そんなことしてたら、トンカツ冷めるよ」と注意したくなったが…(笑)。見た目も相当悪いし、品もないのであんまりお勧めできない。

3. ツーポイント式
これは、一辺のトンカツを二口で食べると想定して、あらかじめ一辺につき2つの適当なポイントにからしを付けてから食べる方法。これなら、冷めないうちに手早く付けられるし合理的である。

4. からしソース式
小皿に入れたソースにトンカツをつけて食べる「刺身派」に合うやり方。刺身醤油にさわびを溶くように、小皿のソースにからしを溶いて食べるのである。溶いたソースは「横ソース」にも応用できる。ただし、安いトンカツ屋にはまず小皿はついてこないというデメリットはある。

5. 横からし式
横ソースと同じく、トンカツをヨコにしてその側面にからしを付けるやり方。一見優れているように見えるが、毎回ヨコにして、側面にからしをつけて、ソースをかけて…という作業を繰り返すのは、さすがにちょっと食べづらい。昼時に込んでる定食屋でやったら確実に嫌がられるだろう(笑)。

以上を踏まえ、僕が一番すすめる食べ方は、3のツーポイント式+横ソースだ。これなら、手早く、まんべんなくトンカツにからしが付けられ、そして横ソースも自由自在。ぜひ皆さんトライしてもらいたい。その他の画期的なからしの着け方があれば、ぜひ教えてほしい。

この人の記事をもっと読む http://ameblo.jp/tonkatu/
掲載: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP