ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

父親に「すごい年賀状きた」とTwitterで話題の年賀状が本当に凄すぎて来年も期待しちゃうレベル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【関連:サッカー香川真司選手の新年挨拶の写真に「生き霊が写っている」と話題】
かべちーさん(@kabechii)

年賀状のありかたは、近年ではメールにSNSにと多様になっていますが、やはり定番なのは『年賀はがき』。

送る側は写真にイラストにと凝ってみたり、メッセージを書き添えたりと……色々工夫を凝らすものですが、Twitterユーザーのかべちーさん(@kabechii)のお父様(49)に届いた年賀状が、「あまりに凝りすぎている」として、Twitterで1万5千回RTされるほど話題になっていました。

話題の年賀状が写真のもの。そう、迷路になっているのです。正しい道を進むと、

「あけましておめでとうございます・さくねんはいろいろおせわになりました・ほんとうにありがとうございます・ことしもどうかよろしくおねがいします・さいごにひとこと・すてきなとしになりますようこころからおいのりしています」

と新年の挨拶が現れます。

しかし、一つ道にそれると「あけましておめでとう・はずれ・やりなおし」だとか、「~さくねんはいろいろとかべにぶちあたったね」と行き詰まってしまいます。時に「~いそがばまわれ」とルートのアドバイスを受けることも。。。

こんなにも凝りに凝った年賀状なら、貰ってうれしいこと間違いなしですよね。でも一度こういうものを貰ってしまうと、来年も再来年も期待せずにはいられません。送り主の方は大変かもしれませんが、是非続けて欲しいものです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP