ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マツコが挑むゴールデン帯冠番組 視聴率男の真価が問われる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年、もっとも視聴率を稼いだタレントといえば、マツコ・デラックスだろう。冠番組『マツコ・有吉の怒り新党』(テレビ朝日系、水曜23時15分~)は深夜帯ながら、毎回のように2ケタ視聴率をキープ。さらに遅い時間から始まる『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、月曜23時58分~)も10%前後を獲得。10月13日、21時から放送した2時間スペシャルでは、15%の高視聴率を記録している。

 10月から始まった『マツコの知らない世界』(TBS系、火曜21時~)も、12月9日に13.8%で同時間帯1位に。マツコが出れば、数字が獲れるともっぱらの評判だ。テレビ局関係者が話す。

「マツコさんは、今いちばん数字を持っていますね。レギュラーはもちろん、1人ゲストの番組でも必ず獲ってくれます。11月23日にゲストとして登場した『おしゃれイズム』(日テレ系)では、15.9%をマーク。同番組で、今年2位の視聴率です。1位は、自然と数字の上がりやすい『24時間テレビ』放送の日だった。だから、実質1位と言っていいでしょう。

 この日は、1時間スペシャルでしたが、今年、『おしゃれイズム』が単体で1時間放送したのは、明石家さんま(4月20日)とマツコだけ。数字で言えば、さんまさんは11.8%だった。いまや、さんまさんを抜いたといっても良いほど、マツコは視聴率を獲れる」

 ただ、よく見ると、マツコがゴールデン帯に出演することはあまりない。基本的に22時台以降の番組が目立つ。

「マツコは、『今のテレビ界は22時台や23時台こそ、若者にとってのゴールデン帯』と言っている。19時に家に帰ってきて、テレビを見る20代、30代はほとんどいないと考えており、『自分のようなキャラクターを救ってくれたテレビ界を活性化させるためにも、その時間帯で貢献したい』と思っているそうです。

 制作側も、マツコのキャラからして、その時間帯がベストだと考えていますね。ただ、そのなかで、TBSはゴールデン帯の21時台にマツコの冠番組を持ってきた。これまで21時台に『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのレギュラー出演はありましたが、メインを張る冠番組はなかった。

『マツコの知らない世界』は、マツコと制作サイド、両者にとって挑戦だったわけです。2回目の放送で視聴率7%になったときは、やはり時間帯が合わないのかと思いましたが、今のところ2ケタと1ケタが、だいたい交互にきている。この番組が常に2ケタに乗るようになれば、マツコは名実ともに視聴率男になったと言えるでしょう」(同前)

 2015年、マツコの真価が問われる。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マツコと渡部陽一のギャラは 1時間10~20万円との証言
マツコ 番組ディレクターに「ホモ受けはいいわよ」と太鼓判
マツコ 生保業界では大型保障をつける大口客として知られる

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP