ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「風邪で休むなんてダメ」が2割超

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんなに気を付けていても、かかる時はあっけなくかかってしまうのが風邪。忙しい社会人の大敵ですが、風邪を引いたとき、人によって分かれるのが「すぐに病院に行くか?自力で治そうとするか?」という点。さらに「会社を休むか否か?」についても、「風邪くらいで仕事を休むなんて!」という体育会気質の人もいれば、「周囲に迷惑だから休め」という人も…。はたしてどっちが多数派なのか、20~30代の社会人男女200人(男女100人ずつ)に聞いてみました(調査協力:アイリサーチ)。

【画像や図表を見る】

〈風邪を引いた時、あなたはどうする?〉
「すぐに病院に行く」派 21%
「自力で治す」派 79%

〈同僚が風邪で休んだらどう思う?〉
「風邪で休むなんてだらしない」派 23%
「風邪を引いたなら仕方ない」派 77%

みなさん思いのほか(?)「自力で治す」派が多いんですね。それぞれを選択した方が挙げた理由は、以下の通り。

●「すぐに病院に行く」派 21%
「自力で治そうとしても長引いたり、治らないのは何度も経験しているので」(36歳・女性)
「病院にいったほうが安心する」(38歳・女性)
「早めに病院行った方が、安くて早く治る」(38歳・女性)
「自力は限界がある」(39歳・男性)
「専門家に見てもらったほうが良い」(28歳・男性)

●「自力で直す」派 79%
「かぜぐらいなら、ほっといてもなおる 薬がきいたかどうかわからない」(33歳・女性)
「病院に行くのが面倒だし、病院で病気を拾うリスクを減らすため」(37歳・男性)
「病院は時間の金もかかって面倒だから」(39歳・男性)
「病院で待つ時間、寝た方が良い」(38歳・女性)
「病院に行っても暖かくして安静にしろ、と言われるだけで風邪は治らないことを知っているから」(35歳・男性)

〈同僚が風邪で休んだらどう思う?〉
●「風邪で休むなんてだらしない」派 23%
「自分なら風邪でも会社にいくから」(36歳・女性)
「風邪をひいても仕事ぐらいできるだろう」(36歳・男性)
「風邪で休むくらいなら、遊ぶために有休を使う」(36歳・男性)
「体調管理も仕事です」(32歳・女性)
「インフルエンザ以外は行かないといけない」(29歳・男性)

●「風邪を引いたなら仕方ない」派 77%
「自分も同じように休む可能性があるから」(28歳・女性)
「パフォーマンスが落ちるからできれば休んだほうがいい」(28歳・男性)
「休めるチャンスなので」(35歳・女性)
「他の社員へうつされるのも良くないし、無理に出勤するより早く治して挽回する方が効率的」(39歳・女性)
「労働者に与えられた権利だから」(36歳・男性)

聞いてみれば、どちらも理解できる理由がほとんど。特に熱がさほどなかったり、本人的にはたいしたことがなかったりする場合は出社すべきかどうか、迷うところですね。風邪で休んだら迷惑、風邪を押して出社しても迷惑。整えておくべきは、体調を崩した時に心配してもらえる、同僚との人間関係、なのかもしれません。
(のび@びた)
(R25編集部)

「風邪で休むなんてダメ」が2割超はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

冬の乾燥期「ドライノーズ」に注意
「隠れ冷え性」の見分け方とは?
「ストレス危険度」10項目で診断
雑な手洗いは逆効果になる?
「秋冬の花粉症」患者が急増中…?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP