ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

缶つまグルメ突撃レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

缶詰の概念を“保存食”から“グルメ”に変えた「缶つま」。高級感のある美味しそうなパッケージが特徴の、あの缶詰だ。コンビニやスーパーで購入したことがある人も多いのでは?

【画像や図表を見る】

そんな人気の「缶つま」を、ビールと一緒に楽しめるお店が登場しているのだとか。しかも、海外ビールとセットでオススメされているとのこと。どういうことだろう? 実際に“缶つまメニュー”を味わえる創作和食の名店「ニホンバシ イチノイチノイチ」に行ってみた。

同店で提供されているメニューは3品。まずは「厚切りベーコンのサラダ仕立て」からいただいてみた。「缶つま★レストラン 厚切りベーコン プレーン」に千切りキャベツとマヨネーズを和えてブラックペッパーをひと振り。これをクラッカーと一緒に食べるという。厚くカットされたベーコンは食べ応えがあって旨い。そこを軽快でキレのいいバドワイザーで流し込む。マヨネーズのこってり感と、バドワイザーのすっきり感がいい感じ。クラッカーのアメリカンな感じも相性抜群だ。

2品目は、「オイルサーディン 梅肉とおろしを添えて」。国産イワシをエキストラバージンオリーブオイルと塩で仕上げた「缶つまプレミアム 日本近海どりオイルサーディン」は、ホップの苦みが程よく効いてコクもあるハイネケンでいただく。ハイネケンは香りが華やかなのでイワシとも好相性。梅肉と大根おろしのさっぱり感も心地いい。

3品目は、「北海道ほたての燻製」。オニオンスライス、大葉、紅たで、マヨネーズを添えた「缶つまプレミアム 北海道 ほたて 燻製油漬け」に合わせるのはアイリッシュビールのギネス。桜チップでスモークされた北海道噴火湾産のほたての香ばしさと、ギネスのローストされた大麦の香ばしさ、苦味のマリアージュは絶品だ。

「『缶つま』は、それ自体が完成されたおつまみなので、できるだけ本来の味を活かすようにアレンジしました」とは、自身もビール党だというイチノイチノイチの料理長・渡邉英隆さん。東京の名店の料理長もお墨付きを与える「缶つま」と海外ビールの組み合わせは、確かに旨かった。みなさんもぜひ一度お店でお試しいただきたい。

ちなみにこのレシピなら、ちょっと頑張れば家でも実現できそうだ。海外ビールも、缶つまも、コンビニやスーパーで手軽に買えるので、家飲みにもオススメ。今晩あたり、あなたもトライしてみてはいかが?
(R25編集部)

缶つまグルメ突撃レポートはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

家飲みのおとも「缶つま」がアツい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP