ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レスラー赤井沙希「赤井英和の娘の割にかわいい」と言われる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年8月、両国国技館でプロレスデビュー(所属団体『DDT』)、2014年12月23日にはプロレスの聖地・後楽園ホールでリングに立ったモデル兼プロレスラー・赤井沙希(27才)。

 赤井沙希の父は1980年代前半に「浪速のロッキー」の愛称で活躍した元プロボクサー、赤井英和(55才)。沙希が3才の頃に両親が離婚した。母親は飲食店で働きながら、女手ひとつで彼女を育ててくれた。父親と会うことはほとんどなかった。

 17才でのデビューがきっかけとなり、事務所を通して父と十何年ぶりの再会を果たした。今ではたまにご飯を食べる関係になった。

「今では赤井英和の娘というのが私の引き出しの1つとして思えるようになりました。仕事について相談するたびに父は『お前が楽しくないと見ている人も楽しくないから、お前が楽しむことを最優先に考えろ』と、発破をかけてくれます」(赤井沙希)

 そして、前述したように2013年から父と同じ格闘界に身を転じた。こんな悩みがある。

「いいパンチを打ち込んでも『さすが血筋だね』と言われるんです。私の努力を認めてよ!と思います。赤井英和の娘でよかったことといえば、『赤井英和の娘の割にはかわいい』と言われるくらいです(笑い)」

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
赤井英和の娘・赤井沙希 父に関する暴露本の執筆依頼を断った
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
日本プロレス界の父・力道山 大変貴重なリング上カラー写真

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP