ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国南水北調プロジェクト完成 健康被害や環境破壊の恐れも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国北部の水不足を解消するため、南部の水を北部に運ぶという南水北調プロジェクトのうち、中央ルート1432キロメートルが12月中旬完成し、正式な送水が始まった。2003年に工事を開始してから11年、中央ルートだけの投資額は2013億元(3兆8200億円)。これに、現在工事中の西ルートと南ルートを加えると、総投資額は5000億元(9兆5000億円)にも達する巨大プロジェクトだ。

 しかし、問題は河川などの水質汚染が深刻なことで、飲用に耐えうるかどうか、最悪の場合、汚染水を飲んだ住民らに健康被害が多発する可能性も指摘されている。

 プロジェクトは1952年10月、毛沢東主席が「南方には水が多い。北方は水が少ない。もし可能ならば、(南方の)水を借りればよい」(南方水多,北方水少,如有可能,借點水來也是可以的)と語ったことから、中国政府が正式に検討を始めた。その結果、長江(揚子江)の上流、中流、下流からそれぞれ取水し、西北地区と華北地区の各地に水を導く3ルートの建設が決定した。

 3ルート合わせた総送水量は448億立方メートル、水の供給を受ける地区の総面積は145万平方キロメートル、受益者の総数は4億3800万人とまさにけた違いの規模だ。

 問題は水質汚染のほか、プロジェクトのために豊富な水量を誇っていた河川が逆に干上がる現象が各地で現れているほか、3ルート上の住民が立ち退きを迫られ、生活が困窮する例もみられていることだ、

 さらに反対派の専門家らは「プロジェクトは生態系を破壊する可能性があり、住血吸虫症の北上や、土壌のアルカリ化、河川水資源の不均衡、水生生物の減少及び絶滅などが危惧される」と指摘している。

 また、東ルートでは江蘇省楊州市で長江から取水した水を歴史的建造物である「京杭運河」を活用するが、この運河はよく知られているように、随王朝(581 ~618年))の第2代皇帝の煬帝が610年に完成させたもの。総延長は2500キロメートルと当時としては巨大なプロジェクトで、土木工事に徴用された国民の不満が高まり、隋王朝が滅亡する契機となった。

 今回の南水北調プロジェクトも約10兆円もの莫大な資金がかかっていることや、健康被害や生態系の破壊などの問題が多発するようだと、習近平政権も隋の二の舞になりかねないとの可能性も指摘されている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ペ・ヨンジュン 今でも東京ドームに4万5000人集める集客力
人の体の動かし方に関する独自理論「4スタンス理論」解説本
美智子さまが被災児童に贈った絵本など14冊のタイトル紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。