ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パリのルーヴル美術館に行くとき絶対に注意すべきポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫
paris

あらゆる美術品が展示されており、ヨーロッパでは大英博物館と並んで美術的観光名所となっている、パリのルーヴル美術館。はじめてパリに行ったら、必ず立ち寄りたい場所ですよね。

・どの美術品も価値のある素晴らしいもの
ですが、ルーヴル美術館に行って「ガッカリした」という日本人の声が多くあるのです。美術品がショボいわけではありません。どの美術品も価値のある素晴らしいものです。ではなぜガッカリしたの?

・モナリザが展示されていない
ルーヴル美術館の目玉ともいうべき「モナリザ」が展示されていないときがあるのです。モナリザを見るためにルーヴル美術館に行く人も多く、それがないのですから、悲しくなって当然です。

・日本に貸し出されていた
でもどうしてモナリザがない場合があるのでしょうか? それは、モナリザを海外に貸し出ししているときがあるからです。笑い話のようですが、事実として「日本からモナリザを見に行ったのになかった。日本に貸し出されていた」ということもあるのです。

・公式サイトでチェックすればOK
モナリザが貸し出されているかどうか、ルーヴル美術館の公式サイトでチェックすることができます。モナリザをどうしても見たいという人は、貸し出されていないときを旅行期間にすればよいでしょう。

記事: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/
Via: ルーヴル美術館

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。