ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国赤サンゴ村 美人女子大生さえ警察の取り締まりに怯える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年、小笠原諸島近海に押し寄せた赤サンゴ密漁船団の拠点のひとつ、中国福建省寧徳市霞浦県の漁村では、村の随所に密漁や密売を禁止する厳めしい文言を記した赤い横断幕が張られ、漁港の壁や警察施設などにも「赤サンゴの密漁・売買禁止」を意味する標語が躍っている。

 そして、村の誰に聞いても「赤サンゴなんか聞いたこともない」と素知らぬ顔をする。だが、謎を解くカギは女子大生が差し伸べてくれた。

「日本領海に行った漁師から逮捕者が続出してみんなビクビクしているからなの」

 ここまでは当サイトで既報だが、「箝口令の村」の緊迫具合はどれほどのものなのだろう。同村を潜入取材したジャーナリストで『中国人の取扱説明書』(日本文芸社刊)著者の中田秀太郎氏が振り返る。

 * * *
 建省寧徳市霞浦県に所在する三沙漁港は、福建省の省都である福州市から高速鉄道(中国版新幹線)で1時間、さらにクルマをチャーターして1時間ほどのところにある小さな村だ。漁村を小高いところから見下ろすと、潮の香る風が吹き、遠浅の海を利用して行なわれる海苔養殖の杭がどこまでも広がる風光明媚な場所だった。

 村の中心部に到着してみると意外なことに、なかなかの発展ぶりだった。高層建築物はないが、村のメインストリートには1km近くにわたって商店が連なり、バスやバイク、屋根付き三輪車がひっきりなしに往来していた。これもサンゴ漁で潤っているせいだろうか。取材の成果に期待が膨らむ。

 しかし、取材は簡単に進まなかった。村に来るためにチャーターしたクルマの運転手が「赤サンゴ漁の実力者と友達だから取材できるよう話してやる」と得意げに話していたのだが、実際に村に着いて連絡を取ってみると、大いに揉めている様子。交渉を待つ間、しらみつぶしに歩いて取材することにした。

 村人たちに片っ端から話しかけると、雑談は笑顔で応じるのだが「赤サンゴ」の名を出した途端にプイっと横を向いて無表情になる。あるいは「赤サンゴなんて言葉、生まれてこのかた一度も聞いたことない」というかのどちらかだったのだ。中には赤サンゴの指輪をつけたままの男性もいたのに、である。

 キツネにつままれたような気になっていたころ、たまたま休憩のために入った個人経営のハンバーガー店のレジ係との会話で謎が解けた。日本語を学んでいるという女子大生が、私たちの話し声を聞いて「日本人ですか」と反応してくれたのだ。

 声の主はNHK朝ドラで『あまちゃん』を演じた能年玲奈に似たショートカットの女性。大都市から遠く離れた田舎村に日本語が話せる人物がいることに驚きつつ、日本語ならば他の村民に聞かれても分からないことに気づいた。ここまで村民が赤サンゴがタブーになっている理由をズバリ聞いたところ、恐る恐る、といった感じで教えてくれた。

 それによると、「警察の取り締まりが厳しいが、赤サンゴの装飾品は村人なら誰でも持っている。私自身も家にネックレスと指輪がある」。アクセサリーを見せてほしいと頼むと、間をあけずに了解。バイトが終わる18時まで待ってほしい、ということで話がまとまった。

 しかし、その約束は反故にされてしまう。確かにその兆候はあった。彼女にケータイ番号を聞くも断られたのだ。中国では女性であってもわりと簡単に電話番号を教えてもらえるものなのだが、取材の話が進むにつれ「だんだん怖くなってきた」とのことで無理強いしないでおいたのだ。

 ハンバーガーを食べ終わり、帰り際にレジ前を見るも彼女の姿が見えない。他の店員に聞くと「彼女は早引けして帰ったよ。もう今日は来ない」というばかりだった。

 赤サンゴの村で、彼女はいまも怯えながら過ごしているのだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO連載・業田良家4コマ漫画【2/2】「赤サンゴ密漁船」
赤サンゴ密漁船団の中国拠点 否定するも村人の手に赤サンゴ指輪
サンゴ密漁 中国海軍の意向に沿った反日グループが関与か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP