ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神奈川県厚木のビール蔵から。バレンタインシーズン限定の「チョコビール」4種を2015年1月9日(金)に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイスのサンクトガーレン修道院は、世界で1番はじめに醸造免許を取得した場所である。
その由緒ある修道院の名称を社名に冠した、神奈川県厚木市の地ビールメーカー、サンクトガーレン(http://www.sanktgallenbrewery.com/)。

一升瓶ビールやスイーツビールなど斬新かつ個性的なビールを生み出すビール蔵として知られている。

このたび、バレンタインシーズンに合わせて、チョコレート風味ビール、通称「チョコビール」4種を2015年1月9日(金)に販売する。

おそらく多くの方がチョコビールなんて口にしたことがないだろう。「チョコ=甘い」と連想しがちだが、実は、”チョコビール”は、チョコレートを使った甘いビールではなく、ビールの材料のみで造ったビターなカカオのような風味のビールだ。

つまり、ビターチョコやコーヒーを思わせるほろ苦さを最大限に引き出したのが”チョコビールという訳だ。

サンクトガーレンでは2006年から毎年バレンタインシーズンにチョコビールを限定販売している。特に人気を博しているのが、累計販売本数は20万本以上の超特濃「インペリアルチョコレートスタウト」(税込648円)。

残りの3種類は、チョコレート麦芽とともに、ブナの木で燻煙したスモーク麦芽を使用した2015年の限定フレーバー「スモークドチョコレートスタウト」(税込540円)、マーマレードに使われる “橙(だいだい)”というオレンジを皮ごと細かく刻み、ジャムをつくるように長時間煮込んで風味を凝縮した「オレンジチョコレートスタウト」(税込540円)、飲み口は甘くまったりで、後口はバニラチョコのような仕上がりの「スイートバニラスタウト」(税込463円)。

毎年バレンタインシーズンは予約が殺到するという。甘いモノは苦手という男性にはこのビールチョコはどうだろうか。

サ ンクトガーレン直営オンラインショップ
http://sanktgallen.shop-pro.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP