ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金美齢氏 中国製品は「安心して使えないので100%NO!」と語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「長生きしたい。できることならば、元気で美しく年を重ねたい」──それはすべての女性共通の願いだろう。各界を見渡せば80才を超えても、若い頃より一層魅力を増して活躍している女性がいる。

 評論家の金美齢さん(80才)はショートカットがトレードマークだが、髪には生涯貫く“流儀”があるという。

「髪の健康のためには自然がいいと思うから今まで1回も染めたことがないの。ロングヘアだった時代も、傷むからドライヤーを使わなかった。シャンプーもずっと同じ。髪が抜けないところをみると、私と相性がいいようね。相性がよければ、ずっと使い続ける。面倒でも旅先に持参します。だって、備えつけのものだとハイブランドの製品でもメイド・イン・チャイナだったりしますから」

 シャンプーだけではない。身につけるものも、口にするものもメイド・イン・チャイナは「安心して使えないので100%NO!」だと言うほどの徹底ぶりだ。

 年を重ねる喜びは年々、増しているという。“退屈だと死んじゃう”と言う金さんはこんなメッセージを送ってくれた。

「年をとるのは全然怖くないのよ。自分ができることを見つけて元気でいれば高齢化社会だって怖くない。私は、仕事があって、好きなことができて、80才の毎日がすごくハッピーです」

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
猪木「失神」KO事件 ホーガン狼狽、側近は「人間不信」に
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
「江夏の21球」や「巨人はロッテより弱い」発言の真相描く書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP