ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国人作家「蔑称『チョッパリ』はただの哀れな呻き」と指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「韓国人の反日感情は、日本人への劣等感のあらわれだ」──韓国人作家・柳舜夏氏は、親日派への糾弾が日常茶飯事である韓国に住みながら、日韓比較論『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』(小学館刊)のなかで、韓国人の反日コンプレックスを厳しく批判している。

 * * *
 比較できるすべての事柄で、日本は韓国より遥かに先んじている。尊重すべき対象にはなっても、蔑視対象にはならない。根拠がない日本への蔑視は、自激之心(劣等感)の赤裸々な露出以外の何物でもない。国家間で表れる自激之心は、やがて国粋主義の根源となる。国粋主義の閉鎖性は、国家を最初から麻痺させる慢性病のようなものだ。

“チョッパリ”という日本人の蔑称は、新国粋主義、新鎖国主義的な防御意識であり、コンプレックスを抱えた嫉妬に過ぎない。卑称や蔑称は、それを発した者に跳ね返ってくるのが常である。

“チョッパリ”──それは自尊心を踏みにじられた者の哀れな呻きに過ぎない。しかも日本には“チョッパリ”や“倭人”のような蔑称、卑語がない。彼らは私たちをひどく蔑む時も、その呼称はそのまま“韓国人”であり“朝鮮人”だ。批判や拒否や攻撃は、堂々とした正攻法であってこそ意味があり、正攻法には一定の力が伴われなければならない。

 彼らが軍国主義的な挑発をしたとき、その挑発に相応した報復をする力がなければ、どんな声も基本的に力を持たない。そのような場合には、声の代わりに刀を研がなければならない。刀を研いで力を育てて、彼らを蔑んでも大丈夫であるコンテンツのいくつかでも作り出さなければならない。その道しかない。力が弱い状態でいくら声をあげても効果がない。

 謝罪要求も同様である。「謝罪しなければ、ただじゃおかない」という脅迫も間違いだ。懲らしめる力がないのにどのように懲らしめられるというのか。何を、どのように懲らしめられるのか。

※柳舜夏氏・著/『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国では「サザエさん韓国人説」が流布し真に受けている人も
韓国人男 日本人の悪口言いながら自画自賛しモテようとする
新大久保の韓国学生との韓国語個人レッスン 参加費は300円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP