ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カプセルホテルが驚きの進化 大浴場に高級寝具、BAR設置も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年、カプセルホテルは「単に眠れるスペースがあるだけ」という“安かろう悪かろう”の宿泊形態から、広々スペースやアメニティの充実、女性も安心して泊まれる専用フロアの設置まで、大きな進化を遂げている。

「365日365ホテル 上」(マガジンハウス)の著者で、国内700軒以上のホテルを利用してきたホテル評論家の瀧澤信秋氏が、驚くべきカプセルホテルの実態をレポートする。

 * * *
 2014年365日365ホテルへチェックインするミッションを続ける中で、東京にあるすべてのカプセルホテルへもチェックインしたが、その進化に驚かされた。

 カプセルホテルといえば終電に乗り遅れたサラリーマンが仕方なく利用するといったイメージだったが、最近はちょっと違う。いまカプセルホテルで注目なのが「女性専用」。

 女性専用フロアはもはや常識、中には女性専用エレベーターまで設置する施設もある。利用者目線を貫いた結果ともいえるが、かように女性専用スペースを設けるカプセルホテルには進化系が多い。

 例えば、羽田や秋葉原、大阪、福岡などにも展開する「ファーストキャビン」は女性専用フロアはもちろん、女性専用エレベーターまで設置する施設だが、カプセルホテルのイメージとは全く異なる「キャビン」が並ぶ。

 一般的にカプセルホテルが二段であるのに対し、上下の空間が確保されたキャビンなのだ。キャビンは、ビジネスクラス(専有面積が2.2平方メートル)やファーストクラス(4.4平方メートル)とカテゴライズされ、まさに飛行機のイメージ。

 法律上はカプセルホテルと同様の簡易宿所となり、キャビンと廊下の仕切に鍵は掛けられないが、カプセルホテルと違ってプライベートスペース内で「立ち上がれる」のは嬉しい。まさしく進化系カプセルホテルと言えるだろう。

 男性専用の施設であるものの最近話題となっているのが「豪華カプセルホテル 安心お宿」だ。新橋・秋葉原・新宿に展開する。

 豪華カプセルホテルという名の通り、宿泊料金は安いビジネスホテルを上回るケースもあるが、その快適さは折り紙付きだ。

 バリのリゾートをイメージした館内。BGMやインテリアは非日常感が溢れる。無料サービスも多彩で、コミックが並ぶネットカフェやフリードリンク、味噌汁まである。

 もちろんカプセルホテルには欠かせない大浴場にはサウナも設置。カプセル内は特注の無圧マットレスに、なんと高級ホテル御用達の「シモンズ」の寝具というから驚く。更衣室には、消臭スプレーや衣類用コロコロなどみだしなみグッズが揃う。アメニティの豊富さも進化系カプセルホテルの特徴だ。

 そしてついにバーまで設けるカプセルホテルが登場した。2014年9月にオープンした「カプセルホテル SLEEPS北千住」だ。

 男性専用の施設だが、まずスタイリッシュな外観に驚く。利用者目線も貫かれていて、例えばカプセルホテルの多くは館内をビニールスリッパなどで移動するが、こちらはなんとパイル地の「お持ち帰りスリッパ」がエントランスに積まれているのだ。清潔感あるスリッパは嬉しい。

 パブリックスペースもカプセルスペースも外観を裏切らないスタイリッシュなインテリアで、カプセルホテルの無機質なイメージからは想像できない高級感が漂う。サウナやジャグジー、水風呂も併設する大浴場に隣接するのが、なんと「バー」である。

 カプセルホテルの風呂上がりといえば、演歌のかかっているような食事処で、生ビールをひっかける利用者の姿をよくみかけるが、ジャズが似合いそうなバースペースとは驚きだ。

●写真提供/瀧澤信秋


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カプセルホテルが女性客争奪戦 観光地に出店し進化アピール
カプセルを飲むだけで大腸内を撮影できる大腸カプセル検査法
女性専用高速バス 備品充実で高級感あり睡眠中イオン発生も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。