ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉祥寺の住民がこよなく愛する焼肉店『李朝園』の絶品カルビ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カルビ
1070円

焼肉ほど、価格帯に幅のある料理はあるまい。1人前300円のカルビもあれば、3000円以上の高級系もある。その味に満足するかどうかは、価格が大きく関与してくる。

・コスパがよくて絶品な焼肉
つまり「コストパフォーマンスのよい味かどうか」が重要なのだ。コスパがよくて絶品な焼肉が食べたい。その点でいえば、東京 吉祥寺の焼肉店『李朝園』はベターな選択肢といえる。

・知らない人のほうが少ない?
吉祥寺の住民であれば、多くの人たちが『李朝園』の存在を知っている。もちろん、この地域には多数の美味しい焼肉店があるが、『李朝園』は味と価格のバランスが良い優良店として愛されている。

・ジュワリと溢れる肉汁は極めて美味
特にカルビ(1070円)が絶品で、平均的なカルビの価格からするとやや高めではあるが、一枚食べれば「妥当な価格」であることがわかる。赤身の比率が多いものの、ほどよくサシ(脂)が入っており、ジュワリと溢れる肉汁は極めて美味。

・肉の旨味を盛り上げているタレ
旨味の根源は肉汁なのは確かだが、裏方ともいうべき存在が垣間見られる。その存在とは何か? おそらく、肉の旨味を盛り上げている下味のタレのクオリティが高いのだろう。

・肉汁とともに絶妙な濃度に変化
タレにはドロリとした濃さを感じるものの、肉汁とともに絶妙な濃度になり、しつこくない醤油と肉の美味しさを楽しめるのだ。肉質にはブレがあるものの、硬すぎず、柔らかすぎず、ご飯にマッチする硬度。

・昭和的な雰囲気の広い店内
ビールも美味しいが、ご飯も一緒に注文してカルビのジューシーな美味しさを堪能してみてほしい。ちなみに、昭和的な雰囲気の広い店内もいい感じである。

・価格以上の味がある焼肉店
焼肉は、高級なものを求めればいくらでも「上を求めることができる食材」である。それ相応の味も得ることができる。しかし、価格とのバランスを考えた場合、満足度が高い焼肉店が少ないのも確かであり、『李朝園』は価格以上の味がある焼肉店といえよう。

李朝園 吉祥寺店
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-3 コスモビル 4F
時間: 16:00~24:00 日祝12:00~24:00
休日: 無休(年末年始 要確認)
記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com
Via: 李朝園 吉祥寺店

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP