ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

のり弁当についてくる醤油をどの具にかければいいワカラナイ件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

格安でありながら、たくさんの具が詰まっている弁当といえば、のり弁当である。コンビにでも、弁当屋でも、のり弁当ほどコストパフォーマンスのよい弁当はない。

・ご飯に海苔がびっしり
白身魚のフライ、から揚げ、磯辺揚げ(ちくわ揚げ)、コロッケなどが入っており、ご飯に海苔がびっしりと敷かれている。さらに漬物や鰹節も入っており、まさに夢のような弁当だ。

・醤油をどの具にかければいいの?
「のり弁」という愛称で呼ばれているこの弁当、ひとつだけ疑問があるという。そう、付属の醤油をどの具にかければいいか、わからないのである! 魚フライのようであり、磯辺揚げのようであり、コロッケのようでもある。

・ご飯に浸透させて食べる
この件に関して、のり弁ばかり食べている貧乏フリーライターX氏に話を聞いたところ、「醤油をフライにかけている時点でナンセンス。醤油はのりにかけて、ご飯に浸透させて食べるのが正解」と話していた。

・揚げ物にかけなくても醤油味
なるほど! のりにかければ、ご飯と鰹節に醤油か浸透して美味しい! しかし、揚げ物にまったく醤油をかけないのも、物足りないのではないだろうか? そう思ったが、X氏によると「ご飯が醤油の味なので、揚げ物にかけなくても醤油味を楽しめるから問題ない。ご飯と揚げ物を一緒に食べればいいだけ」とのこと。

とはいえ、人によって醤油をかける具は違うはず。皆さんは、のり弁当についてくる醤油をどの具にかけているだろうか?

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP