ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

受験前の子どもを支える親の心構え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

受験とは、子どもにとって「人生で初めての壁」

この時期から、受験のプレッシャーにより、カウンセリングに訪れる子どもたちが増えてきます。過去には、「教科書を開くと吐き気がする」「登校しようとすると酷い頭痛に襲われる」など、体に症状が出てしまった子どももいました。

受験とは、子どもにとって「人生で初めての壁」と言っても過言ではないものです。「愛する我が子の受験ストレスやプレッシャーをできるだけ減らしてあげて、100%の力を発揮してほしい」。親なら誰でも、そう願うでしょう。

逆にプレッシャーを与える親のNGワード

しかし、そう願う気持ちが強ければ強い分だけ、逆にプレッシャーを与えてしまったり、親自身が「どう接したら良いかわからない」など、心理的ストレスを抱えてしまったケースもよく聞きます。

親がよく取ってしまう行動は以下の通りです。

(1) 「勉強 順調に進んでるの?」「大丈夫そう?」などの質問のような心配
(2)「これだけやってきたんだから絶対合格するわよ!」などの励ましのような追い込み
(3) 「お前ならもっとやれるはずだ!」などの 叱咤激励のようなダメ出し
(4) 「〇〇君は 毎日○時間勉強しているんだって」などの世間話のような嗾(けしか)け

親としては「応援」しているつもりが、「結局、子どもにプレッシャーやストレスを与えてしまい」→「自己嫌悪になり」→「家族全員でプレッシャー・ストレスを抱える」という負の連鎖に陥る場合も少なくありません。

子ども本人より心配してしまう自分、緊張する自分を受け入れる

人は、いつもとは違う空気感・状況にストレスを感じ、経験の無い圧力にプレシャーを感じます。受験という初めての壁に望む我が子への一番の応援方法は、できる限り「自然」に徹し、いつも通りの家庭の空気感をつくってあげることでしょう。

ただ、この「自然な家庭の空気感をつくり出す」というのは、はっきり言ってかなり難しいものがあります。というのも、頭で理解していてもできないのが人間ですし、愛する我が子のことなら、なおさら。心というのは、禁止されると余計にそのことが強化されたり、気になったりする傾向があります。「自然にしなければ」と思えば、余計に不自然になってしまうものなのです。

むしろ大切なキーワードは、「自然」ではなく「素直」。子ども本人より心配してしまう自分、緊張する自分を素直に受け入れ、その気持ちを、子どもではなく自分自身に投げかけてみましょう。「あの子を愛しているんだから心配して当たり前だよ」「ヤバい!こっちが緊張してる。でも愛している証拠」など、自分のドキドキ・ハラハラの気持ちを認め(受け入れ)、そして自分で許してあげることがとても効果的です。しばらくすると、自分の感情を少しコントロールできるようになるはずです。

大丈夫と思ってなくても「大丈夫」と言い続ける

子どもへの言葉がけですが、「目を見て笑顔で『大丈夫』」の一言だけで十分。この時のポイントは、大丈夫と思ってなくても「大丈夫」と言い続けることです。心というものは、言葉や行動から、後に変化する場合も多くあります。「大丈夫」と言い続けることで、いつしか親子で「大丈夫」と本気で信じられるようになり、やるべきことへ打ち込む体制が整ってくるはずです。

そうすれば、受験当日100%の力を発揮できると、親も子も信じることができるようになるでしょう。もし、失敗に終わっても、100%の力で望んだのであれば、それは「納得の失敗」。未来へ向けての前向きなリスタートを切らせてくれるはずです。

後悔とは、その多くが「結果」ではなく 「やっておけば良かった…」「もっとこうだったら…」などの「経過」に向けられます。「大丈夫」の魔法の言葉で、愛する我が子の背中を押してあげてください。

(つだ つよし。/心理カウンセラー)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP