ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歴史に題材を採った食漫画 宮崎哲弥氏は「けずり武士」推奨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宮崎哲弥氏は評論家。1962年、福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部社会学科卒業。政治哲学、宗教論、サブカルチャー分析などを主軸に、テレビ、新聞、雑誌などで活躍。著書に『宮崎哲弥 仏教教理問答』(サンガ文庫)、『映画365本』他多数がある宮崎氏が推奨する食マンガが、『けずり武士』(湯浅ヒトシ)だ。宮崎氏が、『けずり武士』の魅力を語る。

 * * *
 春日太一の『時代劇ベスト100』(光文社新書)を繙く(ひもとく)と、懐かしい映画やドラマに再会できる。例えば『素浪人 花山大吉』。一九七〇年前後に放映された、近衛十四郎主演の連続ドラマだが、この主人公、花山大吉の大好物が何故かオカラだった。近衛のオカラの食いっぷりに魅せられた私は、よく家人に頼み込んで夕餉にオカラの皿を加えてもらったものだ。

 もう少し大きくなってからも『鬼平犯科帳』に出てくる料理が旨そうで、いつも生唾を飲んでいた。原作者、池波正太郎の食通ぶりを知ったのはさらにのちだ。私の食マンガに対する徒ならぬ関心と情熱のルーツを遡ると案外、時代劇に辿り着くのかもしれない。

 歴史に題材を採った食マンは、大ヒット作『信長のシェフ』(芳文社)をはじめとして粒ぞろいだ。これら“歴史食マン”については稿を改めて取り上げたいが、所謂、時代劇とは少し違う気がする。時代劇は史実にあまり拘らず、物語を楽しむものだから。

 時代劇の食マンを一作挙げろといわれれば、迷いなく湯浅ヒトシ『けずり武士』(双葉社)を推す。主人公、荒場城一膳は素浪人。いつも手元不如意で、大抵、腹を空かせている。たまの仕事は正義の人斬り。依頼主は謎の別嬪。この男、滅法腕が立つが、女にはからきし弱い。概略を書いただけでワクワクする。典型的な“素浪人もの”だ。

「人を斬れば身が削れる。削れたら食わねば」てな台詞を吐いて、斬合ってはものを喰らう。握り飯、しじみ汁、煮凝り、胡瓜揉み、鰻丼……。何てことないものを荒場城は本当に旨そうに食う。何てことない食い物なのに、ああ、涎が止まらん。蘊蓄の塩梅もよく、物語は後半で虚構と史実が入り乱れ、趣向を凝らした展開に……。

※SAPIO2015年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
チビ太のおでんなど漫画に登場する料理を多角的に分析した書
ジブリや藤子・Fなど全国「マンガ美術館」紹介するガイド書
食マンガの系譜『包丁人味平』に始まり『美味しんぼ』でブーム

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。