ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

流行乗り遅れ心配する妻 書店でフェイスブックを1時間探す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌連載の愛読者の皆様の熱いご支援のおかげで、『きみまろ「夫婦川柳」傑作選』は現在4刷! どんどん部数を伸ばしています。そこで今回は、皆様に感謝の思いを込めつつ、2014年をしめくくる意味で、話題の新語・流行語を盛り込んだ「夫婦川柳」の最新作をご紹介します! できたてホヤホヤ、忘年会や新年会にも使える爆笑川柳をぜひお楽しみください。

■本屋にて フェイスブックを 探す妻

「SNS」「LINE」「フェイスブック」、多くの中高年にとっては縁のないものです。「でも、流行に乗り遅れたくないわ」と奥様。

「バカにされるから、子供たちに聞くのは嫌。『SNS』? 何のことかしら?」。奥様、ご主人に相談したところ、「『SNS』? ああ、助けを求める信号だろ?」。それは「SOS」! 

 結局、ご主人は頼りにならず、「『LINE』? 『リネ』? わかんないわ。でも『フェイスブック』の『ブック』ならわかる! 『本』だもんね。本屋さんで探せばあるはずだわ」。

 奥様、駅前の書店へ。「1時間近く探したんだけど、ないの。売り切れかしら?」質問した店員さんから説明され、赤っ恥。「こんなことなら、最初っから娘に聞いておけばよかったわ!」

※週刊ポスト2015年1月1・9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ゆづ大好き」と叫ぶ羽生結弦ファン妻に夫 「鍋にする?」
結婚祝辞の鉄板ネタ「3つの袋」 場内爆笑新バージョン登場
実名公開のフェイスブックが秘める可能性を佐々木俊尚氏解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP