ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

91才の岸朝子さん 手作りのジュースと油味噌で病気知らず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「長生きしたい。できることならば、元気で美しく年を重ねたい」――それはすべての女性共通の願いだろう。各界を見渡せば80才を超えても、若い頃より一層魅力を増して活躍している女性がいる。

「座右の銘は、『食は命、命は食にあり』です。女子栄養大学の恩師、香川綾先生(女子栄養大学の創設者。1997年に98才で他界)からいただいたお言葉です。私自身も、『おいしく食べて、健康長寿』を掲げて食の大切さをお伝えしています」

 そう語るのは、バラエティー番組『料理の鉄人』で「おいしゅうございます」のひとことが印象的だった岸朝子さんだ。料理記者歴は60年。91才の現在も、取材を続けている。

「とはいっても、ややこしいことはあんまり考えないの。なにより大切なのは、好き嫌いをせずに、なんでもおいしくいただくこと。私自身、幼い頃からそう厳しくしつけられてきましたし、岸家は全員好き嫌いがありません。4才半になるひ孫も、なんでも食べますよ。

 子供のうちに、きちんとした食べ方を教えておくことが大事。おかげさまで私からひ孫まで、誰ひとり大病をせず過ごしています」

 岸さんの一日は手作りの特製フルーツジュースで始まる。

「芯を抜いたリンゴと、皮の部分をむいた黄色のグレープフルーツをミキサーにかけるんです。食物繊維たっぷりでおいしいわよ。桃やマンゴーで作る日もあります。

 お昼には手作りの油味噌をよくいただきます。『アンダンスー』という沖縄の保存食で、茹でた豚三枚肉に砂糖やお酒、お味噌を加えて練り上げたもの。両親が沖縄出身なので、岸家の味として子供たちに食べさせました。うちではお正月のお雑煮も沖縄風。ソーキのおつゆにお餅を入れていただくんですよ」

 夕食になると、同居する料理上手な三女が台所に立つ。

「香川先生の教えに倣い、『魚1・豆1・野菜5』のバランスを考えた食事を心がけています。お魚は旬のものを煮たり、焼いたり。最近は、ひ孫といただいたうなぎがおいしかったわね。100才まで元気に、おいしく、人生を謳歌したいと思っています」

 美食家として知られる岸さんは、お酒やたばこなども、大いに楽しんでいる。

「お酒を飲むときは1合くらい。たばこは毎日1箱以上吸いますよ。これといった運動もしないけれど、健康診断でどこも悪いところがない。

『嫌なことは夜、布団の中で考えないこと。太陽の下で考えれば、何事も明るくなる』というのも香川先生の教えですが、ストレスを溜めないで、なんでもおいしくいただく。私の健康の秘訣は、これに尽きますね」

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水卜麻美「美人大勢いるがあれほど食べるアナは皆無」と好評
しじみ900個分のオルニチンが入ったヨーグルト開発秘話
なぎら健壱 実家のおせちに入る「生たこ入りなます」が好評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP