ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国産SIMフリースマホ「AQUOS SH-M01」レビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャープがSIMフリースマホ第2弾「AQUOS SH-M01」の販売を開始しました。これまでSIMフリースマホといえば、海外メーカー端末が主流で、国内メーカー端末はほとんどが大手通信事業者向けのものばかりでした。シャープ以外に富士通も乗り出しており、日本人にとっておなじみのメーカーのスマホがSIMフリーとして手に入るチャンスが徐々に広がってきています。
では、特徴を見ていきましょう。

高画質・省電力の約4.5インチ フルHD IGZO液晶ディスプレイを搭載し、3日間の使用が可能なので、充電を気にすることなく使えます。片手でも使いやすい幅約63mmのコンパクトな本体サイズで、約120gの軽量化を実現。F値1.9の明るいレンズによりブレやノイズの少ない鮮明な写真が撮影できる、高画質1,310万画素カメラを搭載しています。

スペック

寸法〈高さ×幅×厚さ〉 約128mmx63mmx9.8mm(最厚部:約9.9mm)

質量

約120g

バッテリー容量

2,120mAh

ディスプレイ

約4.5インチ 約1,678万色 IGZO(1,080×1,920ドット フルHD)

カメラ

外側カメラ

約1,310万画素

内側カメラ

約120万画素

CPU

MSM8974 2.2GHz(クアッドコア)

プラットフォーム

Android™ 4.4.2

メモリ

内蔵

RAM 2GB、ROM 16GB

外部

最大32GB(microSDHCカード)

 

周波数バンド
AQUOS SH-M01のLTEバンドは以下のとおり。

※本表は仕様上であり、すべての通信事業者での動作を保証するものではありません。
※ソフトバンクは使用するSIMカードにより対応バンドが異なります。
※KDDIは参考までに掲載しています。

機種

AQUOS
SH-M01 ドコモ ソフトバンク※ KDDI
Band1 ○ ○ ○ ○

Band3

  ○
東名阪のみ ○  

Band4

○      

Band6

○      

Band8

    ○  

Band11

○      

Band18

      ○

Band19

  ○    

Band21

  ○    

Band26

      ○
Band28   ○
2015年1月以降 ○
2015年12月以降 ○
2015年1月以降
Band41     ○
AXGP ○
WiMAX2

※ソフトバンクにY!mobileも含む 

各社の料金プラン
本機種の提供先は、現時点では「楽天モバイル」のみです。待ちに待った国産SIMフリースマホだけに、より多くのMVNOで取り扱って欲しいものですね。

なお、楽天モバイルでは、AQUOS SH-M01に必要な初期設定がされているので、同梱されたSIMカードを挿すだけですぐに使えます。

(端末価格)
一括:57,024円
分割:初月4,124円 2カ月目以降 2,300円×23回

 

 料金プラン

 

ベーシックプラン

2.1GBパック

4GBパック

7GBパック

月額料金

1,350円

1,728円

2,322円

3,196円

高速通信容量

なし

2.1GB
※最大150Mbps

4GB
※最大150Mbps

7GB
※最大150Mbps

SIMサイズ

通常
microSIM
nanoSIM

通常
microSIM
nanoSIM

通常
microSIM
nanoSIM

通常
microSIM
nanoSIM

(注意事項)
・音声通話が可能なプランのため、12か月以内に解約すると解約金がかかります。
・料金プランの変更はできません。
・初回申し込み時に初期費用(3,240円)がかかります。

※説明文中の価格表記はすべて8%税込み価格となっています。
※本文で記載している金額は、2014年12月24日現在のものです。料金プランは変更の可能性がありますので、公式サイト等で事前にご確認をお願いします。

総評
いかがでしたでしょうか。AQUOSの一押しである高解像度ハイスペック機種を格安SIMで使えることにメリットを感じる方は多いと思います。国内メーカーが相次いで本格的にMVNO事業者向けに端末を展開することで、ワンセグ等のガラケー機能を持った機種が多様化してくれば、MVNOを選び、大手事業者とほぼ変わらずにスマホを格安で使うことができるようになることでしょう。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。