ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぎら健壱 実家のおせちに入る「生たこ入りなます」が好評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 それぞれの家庭に受け継がれるお正月の風景。シンガーソングライター・なぎら健壱さん(62才)が、正月の過ごし方について語った。

 * * *
 おせちなんてあんなのちっともおいしいと思わなかった。あれは普段、家事をしているお母さんを休ませるための保存食ですからね。冷めても味わえて、日持ちがする。普段食べているものより格段においしいわけじゃないけれど、やっぱり特別なものって感じはしますね。

 なぎら家では生たこ入りの紅白なますが必ず出てくる。うちのおふくろが入れていたんだけど、生のたこじゃなきゃおいしくないの。うちの奥さんもおふくろに教わって生たこ入りのなますを作るようになったんですよ。うちに来る人はみんな驚くけれど、“珍しくておいしい”って好評で。生たこ入りなますはなぎら家のお正月の定番料理ですね。

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中村獅童 正月にまつわる中村勘三郎と「お袋」の思い出語る
岸朝子さん厳選のお取り寄せ「うなぎおこわ」 10個6300円也
草なぎ剛 タモリが稲垣に高級ワイン開け「オレにも」と嫉妬

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。