ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中村獅童 正月にまつわる中村勘三郎と「お袋」の思い出語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人であればそれぞれにお正月の過ごし方があるもの。あなたのお正月の思い出はどんなものですか? そして気になるのが有名人のお正月の過ごし方。2015 年1月『初春花形歌舞伎』(新橋 演舞場)に出演する歌舞伎役者・中村獅童さん(42才)にお正月の思い出を聞いた。

* * *
 歌舞伎役者はお正月が一番忙しいんです。元日は諸先輩方のおうちを20軒近く回って、次の日には舞台。あいさつ回りの最後はいつも(故・中村)勘三郎お兄さんのところでした。毎年、集まった役者と日本の伝統的な遊び投扇興(とうせんきょう)をやりました。
 
 お元気だった頃のお姿が思い出されますね。
 
 家ではおふくろ(故小川陽子さん・享年73)が作ったお雑煮を食べていました。関東風のおすましです。おふくろは京都出身だけど、父が東京だから合わせたんでしょうね。お正月の家庭の料理といえば、このお雑煮ですね。
 
 おふくろは料理が上手でね、家に来た友人が“こんなにおいしい物をいつも食べてるんだ”と言っていたほどでした。
 
 そんなおふくろと、 2013 年のお正月に、伊豆旅行に行くことができました。NHKの大河ドラマの仕事が決まり、その年の1月の歌舞伎には出演しないことになったんです。初めておふくろとのんびりできたお正月はいい思い出ですね。

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『GANTZ』脚本家 ジャニーズ×歌舞伎のバディー作品書きたい
中村勘三郎死去 客呼べる役者失い松竹株価下がる可能性指摘
中村獅童の母 歌舞伎役者目指し大学中退の息子を後押しした

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP