ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毒蝮三太夫がラッパーに「談志なら似合ってると言うだろう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毒蝮三太夫という名前を聞くと、パーソナリティをつとめるラジオ番組で、訪問先に集まった人たちと当意即妙なトークを繰り広げているイメージが強い。歌手のイメージはほとんどないと思われるが、先ごろ「おもしろおじさん feat. CHOP STICK , 丸省 and 毒蝮三太夫」という曲に参加し、78歳でラッパーデビューを飾った。18年ぶりの音楽活動について、毒蝮さんを直撃した。

 * * *
――ラッパーデビューおめでとうございます。

毒蝮三太夫(以下、毒蝮):そんなもの、めでたかぁないよ!(笑)。イヤイヤやってるんだから(笑)。受けてヒットしたから紅白歌合戦なんてふざけて言う人もいるけど、やる気ないよ。だって俺、あんなことやらなくても食えるし(笑)、楽しい。ただ、俺を面白がってくれる人たちがいるというのは嬉しいよね。しかも俺も楽しんでいる。毎日、面白く生きている俺が、若い人からみた老人の生き方の典型になればいいと思う。

――久しぶりのレコーディングはいかがでしたか?

毒蝮:何分間かでレコーディング終わっちゃったよ。だって、普段喋っているとおりでいいんだから。つくった感じはまったくないよ。普段の放送の通りに『ババァくたばってんじゃねぇぞ! ジジィ寝てんじゃねぇぞ!』て喋っているのを録音したんだから。

――PVではギャングスター風のファッションに身を包み、ダンスも披露しました。

毒蝮:わからないうちに服を着せられて、振り付けなんかないから勝手に動いただけだよ。でも、あのリズムは踊りだしたくなるね。このあいだ車を運転して高速道路を走っていたとき、あの曲をかけていたら『踊りたくなるわね』てウチのかみさんも言っていたよ。クラブっていうところには50代の夫婦も来るんだってな。ラッパーもアフロヘアだったり坊主もいたり変な格好をしているけれど、みんな根は真面目で偽悪者ぶってるよ(笑)。悪者の偽物だだけど、発散するところがないから踊るんだろうな。

――もともと音楽には自信があったのでしょうか?

毒蝮:自信なんてないよ(笑)。歌は好きだけどね。声変わり前はボーイソプラノで、学校の唱歌が好きで成績は「優」だった。でも、この声になってからは全然。レコードも今まで3枚か4枚出しているけれど、売れてない(笑)。酔った勢いで、カラオケで河島英五の『時代おくれ』や吉幾三の『酒よ』を歌うことはあるけどね。

――では今回、高野政所ことDJ JET BARONさんからオファーがあったのは意外だったのでしょうか?

毒蝮:いや、俺にとっちゃあ驚いたことでも不思議なことでもないね。俺の喋りをラップだと思ってくるのは当然だなとも思う。言葉もリズムなんですよ。リズムが悪いと聞いていても疲れる。俺の長いしゃべりでも疲れないというのは、リズムがいいんだろうね。

――喋りのリズムの良さは、ラジオなどでつちかわれた話芸によるものでしょうか。

毒蝮:話芸なんてわかってやってるわけじゃないから、言われるのは恥ずかしいよ。ただ、上あごと下あごとぶつかり放題に喋っているだけなんだから(笑)。俺はそういうのが得意だったからね。

――得意な喋ることを仕事にしようと、最初から考えていらしたんですか?

毒蝮:役者をやっていたけれども、『笑点』で2代目座布団運びをしていたとき立川談志から「お前は台詞覚えが悪いし、間違えるし、歌えば声がひっくり返る。だけど喋っていれば、みんなが聞き入って笑う。楽屋で師匠連も喜んでいるんだからスタンダップコメディアンになれよ」とすすめられたんだよ。それで一番、いい商売にぶつかった。

――もって生まれた喋りのリズムの良さを見抜かれていたんですね。

毒蝮:俺のしゃべりはリズムだと談志は思っていたんだね。談志の落語もラップみたいなものでリズムがいい。もし俺が今回、参加した曲を談志が聴いても驚かないだろうね。「おい、一番、似合っていることをやってんじゃねえか」って言ったかもしれないね。

――喋りのどんな部分がウケたんだと思いますか?

毒蝮:俺の喋りは「白いごはん」だって言ってるんだよ。白いごはんには流行も何もないよな。そしてラップはふりかけ、トッピングだよ。俺という白いごはんを焼いたり、煮たり、餅みたいに潰したりされているだけ。でも、ラップといったって実はそんなに新しいもんじゃないね。

――もともとラップと変わらないものがあったのでしょうか。

毒蝮:宮中では万葉集の時代から歌会があって、今でも新春に歌会始をやるよね。そこでは和歌を『からころも~』とか節をつけて歌う。文字だと見えている人にしか届かないけど、歌うと文字が読めない人にも届く。何百年も何千年も前から、人間は歌ったり、節をつけて言葉を喋るということを古代から続けてきたと思う。だから、新しいことはないよ。

 しかし、ラップというのは音楽家といえるのかね(笑)。楽器やらないだろう。できている音楽を、ごちゃごちゃこねくりまわしているだけで、変な職業だなと思うよね(笑)。

●毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)本名・石井伊吉。1936年生まれ。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。1938年に12歳で舞台デビューし、映画やドラマに出演。『ウルトラマン』『ウルトラセブン』では地球を守る隊員として子どもたちの人気者に。1968年に現在の芸名に改名。2014年12月発売の『ENAK DEALER』(DJ JET BARON)収録曲「おもしろおじさん feat. CHOP STICK, 丸省 and 毒蝮三太夫」で18年ぶりに音楽活動に参加。1969年10月から続くTBSラジオ『ミュージックプレゼント』のパーソナリティは46年目を迎えた。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
意外な日本語ルーツ「チラリズム」生みの親は浅香光代だった
菜々緒 ツイッターで「私ブスだよ」とつぶやいて非難殺到
NHKに対する政治支配問題や籾井会長の失言等に警鐘鳴らす本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP