ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロレス人気復活へ レスラーは「ももクロ」を学ぶべきかも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も1月4日に新日本プロレスが東京ドーム大会を開催する。1992年から毎年、同じ日付で行われるこの大会は、1月2日・3日と全日本プロレスが行う後楽園ホール大会とあわせ、プロ野球より早く新年を告げる初詣イベントだ。しかし、20年前と比較すると、新年恒例行事として人々に語られることが少なくなり、プロレス人気が復活していると言われていても認知の低さは否めない。いったい20年前と何が異なるのか。

「それほど興味を持っていない人にとっても、目が離せなくなるような存在感を持つ圧倒的なスターが不在です」と『1964年のジャイアント馬場』(双葉社)でジャイアント馬場の生涯を通して、日本のプロレス史を描いた柳澤健氏は言う。

「アントニオ猪木や長与千種のような、国民的スターと呼べるようなプロレスラーがいません。スターというのは、それほど興味がない人でも思わず見てしまうような存在。表現されるものが違います」

 確かに、猪木や長与はその場に立つだけで思わず見つめてしまう求心力があった。

「彼らは、一つの強くて大きな思いを長年にわたって持ち続け、その普通ではない思いの強さが人の目を引きつけた。それは、新弟子時代に虐げられたことへの恨みだったり、貧しく厳しかった幼少時代への鬱屈だったり、プロレスというジャンルに限らずとも、現代では強くため込むのが難しいものかもしれません」(前出・柳澤さん)

 確かに圧倒的な存在感のスターが生まれることが、プロレスが国民的娯楽として復活するにはもっとも手っ取り早いだろう。しかし、それは当たる見込みが薄い宝くじが当たる日を待ち続けるようなもので現実的とは言いづらい。どんな道があるのかと思いをめぐらせると、20年前の新日本プロレスにヒントはあると前出の柳澤さんは言う。

「当時、新日本プロレスの道場にはアントニオ猪木の写真とともに、武藤敬司の写真が飾られていました。猪木は新日本プロレスの創業者として、武藤は全国ドームツアーなどを成功させるほど新日本プロレスを隆盛させた中興の祖として考えられていたんです。

 抜群の運動神経をもち、柔道の強化選手で日本代表を考えたこともある武藤にとって、プロレスは割り切ってやるものだった。どこまでが真剣で、どこまでがビジネスなのか判然としない猪木とはまったく違うタイプです。それでも、多くの人を魅了する表現者だった。猪木のような存在は難しいと思いますが、魅力的な表現者であると知ってもらうことは、プロレスに目を向けてもらえるきっかけになると思います」

 言われてみれば、表現者であることを少しずつ知ってもらうこと、表現者としての成長を見てもらうことをビジネスに結びつけている世界がある。戦国時代と呼ばれている、アイドルの世界だ。

 AKBグループは、握手会や総選挙などファンとの交流をポイント制のようにして人気のバロメーターとして示し、そこでのコミュニケーション能力が向上する様子を公開している。アイドル同士の葛藤もふくめ、バックステージの様子をドキュメンタリーとして公開している。ももいろクローバーZは、少し無理かもと思われるプロジェクトを課せられ、それを懸命にファンとともに克服していくことをエンターテインメントに昇華している。

 アイドルになりたいと志願してやってきた女の子たちは、最初から表現者であるわけではない。最初は、人前で満足に話をすることもできない。だが、稚拙だが人の心に残る立ち居振る舞いをする者が存在し、ステージやイベントを重ねるごとに、思いを伝える術が向上していく。その成長ぶりも含めて、ファンには楽しんでいる。

 いま、アイドルとそのファンの間で交わされている娯楽は、かつてはプロレスにも存在していると認められていたものだ。最近、復活していると言われるプロレス会場に集う人たちは、その娯楽を発見した新しい世代だ。彼らは、20年前まで存在していた大衆的娯楽としてのプロレスの存在を知らない。

「きっかけは、もともとファンのEXILEメンバーがプロレスの話をしていたこと。気になってネットで映像を探したら面白そうだったので見に行ってみました。そのあと友だちも誘って行くようになり、二人でハマってます。コンサートよりライブ、生ものの感じが強くてわくわくするんです。何が起こるか分からない楽しさがやみつきです。イケメンも多いし、知ればファンになる人、多いと思うなあ」(20代の女性会社員)

 実際に、プロレスが復活していると評判だ。新日本プロレスは売上倍増と報じられ、子ども向けおもちゃや若者向けファッションブランド等のCMに出演するなど、プロレスファンではない人の目に触れやすくなった。新日本プロレスより小規模だが、DDTプロレスやドラゴンゲートでは若い女性の黄色い声援が飛んでいる。

 オカダ・カズチカや棚橋弘至、飯伏幸太にHARASHIMA、B×BハルクやYAMATOが広く「発見」されるのも、遠いことではなさそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
日本プロレス界の父・力道山 大変貴重なリング上カラー写真

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP