体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DREAMS COME TRUE、4年に一度のワンダーランドイヤー開幕

DREAMS COME TRUEが12月31日、広島グリーンアリーナでカウントダウンライヴを行った。

12月31日(水)@広島グリーンアリーナ (okmusic UP's)

DREAMS COME TRUEは2014年8月20日に3年9カ月ぶりのオリジナルアルバム『ATTACK25』をリリースし、オリコン初登場1位を獲得。その3日後にスタートした全国ツアー『AEON presents 25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 -ATTACK25-』(13都市32公演)のファイナルは、広島でのカウントダウンとなった。

会場内は街の静けさからは想像もできないほどの熱気であふれていた。カウントダウンライヴを意識してヒツジのかぶりモノをする人、着物姿のカップルも多々見受けられた。そしてツアーファイナルとなるライヴがスタート。

ドリカムのライヴはいつも幕開けと同時に2人のテンションの高さが伝わってくるのだが、カウントダウンライヴは『裏ドリワンダーランド2012/2013』以来とあって、気持ちの高まりもまた格別。もちろんそれはドリカムファンも同じだった。吉田美和もその気持ちを「うれしくって、もう込み上げてきてオエッてなりそう!」と伝えていた。

そんなお互いの気持ちはライヴごとに更新されている気がする。そして、2014年ラストのこの日は、全国ツアーのファイナル公演&カウントダウンライヴとあって、もちろん過去最高の盛り上がりを記録! 1曲目からの圧倒的なパフォーマンスに息をのんだ。

吉田は各地のライヴ会場でお客さんを「○○(その土地名)ベイビーズ」と呼んでいる。今夜は「広島ベイビーズ」ならぬ「広島・大晦日ベイビーズ」。そんな広島・大晦日ベイビーズもドリカムの2人も最初から笑顔全開。2人は、ツアーが幕を開けた当初から話題となっていた全長80メートルのステージを元気に走り抜けてすべてのお客さんへ挨拶をした。アリーナクラスではもっとも最前列が多いであろうこのステージは、25年の感謝の想いを込めて2人が考えたものだ。

「今日、歌い納めるよ。みんなだって弾けて叫び納めるよ。そして、この80メートルのステージを走り納めるからね!」と吉田美和が呼びかける。

広島、中国地方からはもちろん北海道から沖縄まで、このカウントダウンライヴのために全国からベイビーズたちが集まっていた。さらに海外から訪れたベイビーズもいた。

「私の今年最後のベイビーズだからね。ゆっくりしっかり楽しんでいこうね!」(吉田)
オープニングの「OPEN SESAME」、「APPROACH」という流れは、なんと25年前のデビューライヴと同じセットリストだったという。25年前とニューアルバムを行き来する前半は、中村の言葉でいうと「音楽のタイムトラベル」。またバンド、パフォーマーを含め、衣装は1stアルバム『DREAMS COME TRUE』と所縁の深いロンドンの雰囲気で統一されていた。

最新アルバム『ATTACK25』の曲は、なんてやさしくて温かい印象なのか。1stアルバムの頃となにが違うのかというと…それはたぶん包容力なのだろう。年を重ねていてきたからこそのさり気ないラヴソング「愛して笑ってうれしくて涙して」がジワジワとハートに効いてきた。

それだけではない。思わずフフッと笑わせることも忘れてはいない。「あなたにサラダ以外も」、「MONKEY GIRL ―懺鉄拳ー(懺鉄拳の懺は懺悔の懺)」などの楽曲もそうだが、彼らは、大人になればなるほど遊び心が出てくる。それって最高に素敵なこと。ステージ上のアーティストひとりひとりが孤高であり誇りを持ち、全力で楽しんでいる姿は一流すぎる。

ドリカム25年間の歩みを象徴する当時のライヴ映像がスクリーンに映し出されると、誰もが1曲1曲に懐かしさいっぱいの反応を示す。“音楽のタイムトラベル”はここまで。続いてスクリーンにはアタックマンとチャンスウーマンが登場し、“ATTACK WITH MUSIC”の文字が映し出された。吉田と中村も黒い衣装にマスク姿で登場。後半戦は、すべて『ATTACK25』の曲で構成されていた。

「ONE LAST DANCE, STILL IN A TRANCE」からの4曲は、まさに“ATTACK WITH MUSIC”という選曲だった。アグレッシヴにベースと向き合う中村はかなりダンディ。

「ここから、リハも含めて今まで6カ月間やってきた『ATTACK25』の最後のひと盛り上がりだよ。OK? みんな、いくよー!」

吉田のこの言葉から始まった「愛がたどりつく場所」は、まさに今この空間のこと! 身近にあるささやかな幸せこそが一番の愛のある場所だと教えてくれたこの歌を、広島・大晦日ベイビーズとともに大合唱した。「想像を超える明日へ」のイントロが始まると、吉田は80メートルを全力疾走。ライヴ終盤にもかかわらず歌いながら走るとは、フィギュアスケートでいう後半に飛ぶトリプルアクセル並みの体力が要るはず。

先にも触れたが、このアルバムは温かくて熱い。いつもそばにある小さな幸せを歌い、巡る季節を感じさせ、生きることのむずかしさを歌い、それでも生きろと力づけ、励ましてくれる。アーティストとして、ひとりの人間として経験してきたすべてが音楽に表れていると感じずにいられない。

「MY TIME TO SHINE」では、そんな2人によって心の奥に隠している悲しみや迷いをあばかれ、浄化してもらえたような気がした。ドリカムは一方的に「がんばれ」とは言わない。「私もそうだよ」と、さり気なく伝えてくれる。だから素直になれるのだ。

本編ラスト2曲となった。「さぁ鐘を鳴らせ」のイントロで中村は両手を広げた。それは、“みんなの想いを受け止める”という気持ちの表れだったように思う。吉田の渾身の歌唱に全員が拳を突き上げた。曲がアウトロに差し掛かっても“鐘を来年も 来年も 鳴らし続けよう!”とアドリブで歌い続けた。

その歌の続き?とも思えた「AGAIN」でもやはり、歌詩にはない言葉で吉田は私たちに伝え続けた。何度も何度も“AGAIN”と。そして“何度だっていいから 何度だっていいから 失敗したって 笑われたって カッコ悪くたって 絶対…あきらめるな あきらめるな あきらめるな あきらめるな!”と。それを真剣な眼差しで聴いていた人たちは、人差し指を上に向け、左右に揺らしていた。それは会場全体にあふれる感情の波のようだった。

アンコールでは15年ぶりに浦嶋りんことのFUNK THE PEANUTSが登場。ポジティヴなアッパーチューンのメドレーに、アリーナはお祭りムードとなった。

「ツアーが始まるときに、アンコールをもらったら何を聴いてもらおうか?って話してたんだ。今年はみんなのおかげで25年を迎えた。その感謝の気持ちをとにかくホントにホントにちょっぴしでも表せる曲がいいなって思って、この曲に決めたの。とにかく今日も、ひとりひとりに届くように気持ちだけはめっさこめて、これです」と吉田。贈ってくれた曲はもちろん「サンキュ.」。何年経っても、何度聴いてもしっとりと新鮮に心に届いてくる歌だ。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。