ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TUBE、アニバーサリーイヤー活動内容を大発表! 親友・片岡愛之助とのSP動画も!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年デビュー30年を迎えるTUBEの2015年の活動内容第一弾がオフィシャルHPにて発表された。

アニバーサリーイヤーということで例年とは一味違う、気になるその活動内容だが、まず春夏秋冬で4枚のシングルをリリースすること、そして初夏にオリジナルアルバム、まだ内容が明かされていない“スペシャルアルバム”のリリース、加えて盛夏にベストアルバムをリリースすることが発表された。TUBEが春夏秋冬でシングルをリリースするのは、「青いメロディー(2003年4月)」「Let’s go to the sea ~OASIS~(2003年7月)」「月光(2003年10月)」「プロポーズ2004年1月)」以来約12年振りの事である。

また、今回のベストアルバムはデビューした1985年から、これまでにリリースしてきた作品の中から選んだ楽曲を収録したオールタイム・ベストアルバムとなり、ベスト盤としてはミリオンセラーを記録した前作『TUBEst III』から約15年振りのリリースとなる。

さらに今年のライブ活動に関しては、デビュー記念日の6月1日にスペシャルライブを開催することと、そのスペシャルライブを皮切りに12月まで行なわれる全国ホールツアー、さらには毎年恒例の夏の野外スタジアムライブを開催する事を発表した。

シングルやアルバムのリリース計画やライブ活動からもわかるように、今年のTUBEは夏だけではなく1年を通して活動していくということで、一体どのような展開になっていくのか今から楽しみだ。

また昨年一般公募していたTUBEデビュー30周年記念ロゴマーク募集企画では、募集期間約1か月間で1,000件を超えるエントリーがあり、TUBEメンバーとスタッフによる厳正なる審査の結果、最優秀賞が決定した。デザインコンセプトは4人のメンバーが時代の波を超えるサーフボードを抱えて、30周年の、その先の未来に進む姿を表現している。これらの情報はTUBE 30th Anniversary特設サイトに掲載されているので是非チェックしてほしい。

さらに本日1月1日より、TUBEのオフィシャルYouTubeチャンネルもオープン。TUBEがこれまでに発表したミュージックビデオやライブ映像が一挙公開されている。新コンテンツとしてお正月コメントがアップされており、この動画でも今年のTUBEの活動内容が大々的に発表されているが、なんと、ボーカルの前田亘輝と約17年来の親交があり、昨年9月に行われたTUBEの阪神甲子園球場ライブにサプライズ出演しステージ上でTUBEから2015年の“TUBE宣伝大使”に任命された歌舞伎役者の片岡愛之助が、紋付き羽織袴姿で出演しており、「今年1年、TUBEを全力で応援していきます」と熱いエールを送っている。またTUBEも同じく紋付き羽織袴姿で新年の挨拶や今年の抱負を語っているので、こちらの動画も是非チェックして欲しい。

春夏秋冬、365日、オールシーズン活動する30年目のTUBEに、そして今回の活動内容や企画の発表の続報にも期待が高まる。

■TUBE 30th Anniversary 特設サイト
http://www.tube30th.com/
■TUBE オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/tubeSMEJ

【前田亘輝(Vo)コメント】
「30年ですね!」と声をかけて頂きまして嬉しい限りです、ありがとうございます。僕達の尊敬する先輩が元気に前を走っている様を見て、ここはまだまだ通過点である事を感じております。TUBEのコンサートは家族で楽しんでくれる方々が増え、世代を超えて楽しめる音楽を僕達は作り続けるべきだとも思っております。本年もTUBEをよろしくお願いいたします。

『【謹賀新年】TUBE30年目の活動内容を大発表!応援団長は片岡愛之助!』
http://youtu.be/dVzCDqMT39c

『TUBEデビュー30年目活動内容発表<第一弾>』
・春・夏・秋・冬、4枚のシングルをリリース!
・初夏にオリジナルアルバム+スペシャルアルバムをリリース!
・盛夏TUBEオールタイム・ベストアルバムをリリース!
・デビュー記念日の6月1日にスペシャルライブの開催決定!
・6月1日のスペシャルライブを皮切りに、12月までの全国ホールツアーを開催!
・毎年恒例! 夏の野外スタジアムライブ開催決定!
・デビュー30周年記念ロゴマークデザイン決定!

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
TUBE オフィシャルHP
賞金30万円! TUBEがデビュー30周年記念ロゴマークデザインを一般公募!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP