ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そもそもお正月とは? あけましておめでとうと雑煮の由来

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人にとって特別な日であるお正月。新しい服を着て、家族揃っておせちとお雑煮を食べる…今でもそんな習慣が受け継がれています。しかし、そもそもお正月とはどんな日なのでしょうか?

■そもそもお正月とは?

 和文化研究家の三浦康子さんが解説する。
 
「新年を司る年神様は、田の神様であり、ご先祖様であるとも考えられ、子孫繁栄を願い、家々に降臨するといわれます。その年神様をお迎えするのがお正月なのです」(三浦さん・以下「」内同)

■門松や注連飾りは何のためのもの?
「松は古くから神が宿る木であり、門松は年神様が迷わずに来られるようにする目印です。注連飾りは神社の注連縄と一緒で、神が降りる神聖な場所であることを示しています」

 注連飾りには「神様が占める」という意味があるといわれる。

■あけましておめでとうの意味は?
「無事に年を越せ、年神様を無事にお迎えできることが “非常にめでたい”という気持ちを言葉にしたのが“あけましておめでとう”です。そのあいさつをすることによって周りの人と喜びをわかち合います」

■おせちの由来とは?
「もとは折々の節目に供える料理を『御節供おせちく料理』と呼んでいましたが、今はお正月のみになりました。年神様にお供えするためのもので、かまどの神(家内安全の神様)を休ませるためともいわれています」

■おせちの種類は決まっている?
「家族の繁栄を願うため、子宝を意味する数の子、豊作祈願の田作り、健康や勤勉を願う黒豆など縁起物が中心です。お料理の数は吉数とされる奇数が良いとされています」

■雑煮の由来は?
「年神様にお供えしたお餅を食べ、そのご利益をちょうだいするための料理。それに地域独自の食文化が反映され、さまざまなものを煮ることから雑煮となりました」

■雑煮は地方によって違うの?
「昔からの主流は江戸はしょうゆ、京都は白みそ。その土地の礎を築いた人が江戸か京都のどちらに影響を受けたかで、雑煮の特色は違ってきます」

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お雑煮 京都で生まれた丸餅は円満表し、角餅は敵を討つの意
川越達也シェフおせち 和洋料理とロールケーキで14800円
90才料理研究家 料理研究家の娘と正月料理について語り合う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP