ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マドンナ・ガガ・美輪・樹木希林 夢に近づくための過去の発言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新年は自身の目標や夢について改めて考える時期。有言実行で、夢を実現したいものである。有名人や著名人はどんな言葉によって力を得て、夢を叶えたのだろうか。

◆マドンナ
「自分で自分にプレッシャーをかけるの。他人のプレッシャーにはびくともしないわ」(『マドンナの真実』/ディスカヴァー・トゥエンティワンより)

◆レディー・ガガ
「高校の時、友達はみんな将来Googleで働きたいって言ってた。けど、私はそこで検索される人になりたいと思ってたの」(Googleのマリッサ・メイヤー氏とのトークショーより)

◆美輪明宏
「妄想しているだけならただの怠け者。浮かんだアイディアを書き留めて、面白く整理できれば妄想癖も才能になる」(2007/6/16放送『オーラの泉』より)

◆樹木希林
「井戸のポンプでも、動かしていればそのうち水が出てくるでしょう。同じように、面白くなくてもにっこり笑っていると、だんだん嬉しい感情が湧いてくるの」(2007年2月、乳がんの手術後のコメント)

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
清水宏保が過去の体験を綴り、その中で学んだ技を伝授した書
「私は白金の高級マンション住まいです」女 実は……
マドンナ 離婚から25年で元夫ショーン・ペンと復縁の可能性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP