ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本国パスポートが汚れているとトラブルを招く5つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事を読んでいる多くの皆さんは、日本国のパスポートを持っていると思いますが、汚れないよう、きちんと管理していますか? 破けていたり、はがれていたり、汚れていたり、にじんでいたり、そういう部分があるとトラブルを招くかもしれませんよ。

・パスポート
1. 入国を断られることがある
パスポートが汚い場合、特に個人情報が書かれたページが汚いと、偽造パスポートの可能性を考えられ、入国できないことがあります。なかでも英国は厳しく、入国を拒否されても文句は言えません。

2. 出入国審査に時間がかかることがある
パスポートのタイムスタンプが汚れていて不鮮明だと、出入国審査に時間がかかることがあります。最近はテロの心配などもあり、国によって出入国のデータが電子化されて記録されています。その照合に時間がかかる場合があるのです。

3. 犯罪者扱いされることがある
汚いパスポートは、麻薬関係や不法労働者の可能性があると判断され、徹底的に調べられることがあります。たとえ無実でも、半分犯罪者のように扱われ、所持品や体臭など、あらゆるポイントを調べることがあります。

4. ビザを申請できないことがある
汚いパスポートは、偽造パスポートの可能性が高いと判断されがち。さらに品性なども疑われ、大使館がビザを発行しないことがあります。大使館は表向き「品性は関係ない」というかもしれませんが、事実、そういう部分で人を判断している部分もあります。

5. パスポートの査証欄増補ができないことがある
水にぬれてカピカピになったパスポートは、査証欄増補(ページ数を増やす)ことができない場合があります。「査証欄増補を断られ、スタンプを押すスペースがなくなってしまった」という場合、どうすればいいか? パスポートを再発行するしかありません。

記事: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP