ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「恋愛」の成功率を大きく左右する5つの状況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タフツ大学のサム・ソマーズが書いた『考えてるつもり』は、人間がいかに状況に流されやすいかを解説したおもしろい一冊。なかでも「恋愛」の成功に関しては、もっとも状況の力が大きく関係しているそうな。具体的に恋愛を左右する要素は、以下の5つであります。

1. 距離
まず恋愛で大事なのが「距離」。近所に住んでいればいるほど、親密になる確率は上がっていくものらしい。身近な人と仲良くなるのは当たり前のようですが、その影響力は想像以上にデカいようで、ある実験によれば、「アパートメントの2つの世帯を分ける距離はわずか5.8メートル。たったのそれだけ。そして約6メートル離れるごとに、2つの世帯が親しくなる可能性はほぼ半減していた」とのこと。

また、アメリカで行われた調査では、どの州の街を調べても、家が近ければ近いほど結婚率が高い傾向があり、婚約中のカップルの半数以上は16ブロック以内に住んでいたそうな。

2. 見覚え
次に大事なのが「見覚え」。ひんぱんに顔を合わせる回数が多いほど、相手に対して魅力を感じてしまうわけですね。

たとえば、ピッツバーグ大学の実験では、実際はクラスに登録していない3人の女性に、ほかの学生と一緒に大きな講義室に座ってもらった。1学期を通して、1人目の女性には講義室に5回座ってもらう。2人目は10回。3人目は15回。彼女たちはただじっと座り、100人を超える学生の誰ともひと言の会話も交わさない。

って状況がセッティングされまして、その後でクラスの学生に、女性たちの魅力度を判定してもらったところ、講義室に姿を見せた回数が多ければ多いほど「魅力を感じる」と答える回数が上がったそうな。

3. 相互利益
「相互利益」は、相手から恩を受けたときに、つい好意を感じてしまう現象のこと。実際、バーで見知らぬ女性に酒をおごると、デートの約束を取り付ける確率が上がるってデータがあるらしい。べつの実験でも、

60名の被験者を対象にパーティを開き、初対面の相手と会話をしてもらった。その後、被験者は別の部屋に案内され、交流した相手が書いたという触れ込みの偽アンケートを見せられた。そのなかには、被験者に対してよい印象を持たなかったという回答があれば、楽しい会話だったとの回答もある。

そして、再び同じ相手と会話をしてもらったところ、相手が自分に好意的だと思った被験者のほうが、自分のプライベートについて多くを語り、積極的に会話に参加したのだった。

との結果が出たらしい。要は、自分が好意を持っていることを伝えるだけでも、相手との関係が進展する確率がグンと上がるってわけですね。

4. 障害
障害があるほど相手に魅力を感じしまう、「ロミオとジュリエット現象」のこと。バージニア大学のダン・ウェグナー教授の実験では、男女のペアを何組も集めてトランプで遊ばせ、同時にテーブルの下で足をからめていちゃつくように指示したんだそうな。

その際、彼らを2つのグループにわけて、一方には「テーブルの下でいちゃついていることは他のプレイヤーにはい知られていない」と伝え、もう一方には「他のプレイヤーもいちゃつきを知っている」と教えたらしい。すると、秘密のいちゃつきを演じたペアは、より相手に対して魅力を感じたんだとか。

とにかく、なんらかの秘密を共有するか、2人の間に障害を作るといいわけですね。

5. 類似性
同じ趣味を持つ相手に魅力を感じるのはよく聞く話ですが、心理学的な調査でもこの現象を裏づけるデータが出ているらしい。同じバンドが好きだったり、笑いのツボが同じだったりといった要素のほかにも、

人生に対する考え方
生い立ち
経歴
年齢
収入
教育水準
ルックスのレベル

といった共通点を持つ相手にも、魅力を感じる確率は高くなるそうな。世間で言うほど、正反対の相手にひかれることは少ないみたいですね。

・まとめ
そんなわけで、人間の恋愛感情は、思ったよりも周囲の環境に影響されている模様。しかし、実際にソマーズ教授がアンケートを取ったところ、たいていの学生は「顔・お尻・知性」の3つで相手への好意が決まっていると答えたそうで、状況の影響にはまったく気づいてなかったとか(笑)。気をつけたいもんです。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP