ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サナギのように“ぼっち”になれる、おひとりさまハンモックがかわいい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

素材はコットンとウール。モコモコの毛糸を編みこんだ「Woolweave(ウールウィーブ)」は、ロンドンとドイツにアトリエをもつ家具デザイナー、Pia Wustenbergの代表作。

クラフト・デザインに魅せられた彼女の作品は、人の手の温もりを感じさせるハンドメイドの味わいが魅力。

同シリーズで使用する綿糸は、編み込む前に乾燥機に投入し、熱と圧力を使用して繊維を結合することにより、強度を高めているそう。

そのおかげで、完成したハンモックは大人の女性が入っても安心して寛げるほど頑丈だ。

また、頑丈なのに肌に触れる感触はソフトで、まさに“何か大きな存在”に守られているかのような錯覚に。

「ウールウィーブ」は、サナギのようなハンモック型のほかに、ブランコ型もあり、どちらも持ち運び可能。

子どもたちの遊び場に、公園や庭でひとりの時間を満喫したいときなど、さりげなくその場に馴染んでくれそう。

同シリーズは現在、価格や販売店などは発表されていないが、Wustenberg氏のオフィシャルサイトから問い合わせすることは可能なので、興味がある方はコンタクトをとってみては?

ちなみに彼女のサイトでは、このほかにも魅力的なプロダクトがたくさん紹介されているので、ぜひチェックしてみて!

pia design
http://www.piadesign.eu/piadesign.eu/Urban_Retreat.html

ハンモック(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP