ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年の極私的輸入車ベスト3にCクラス、フィエスタ、i3

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年の日本の自動車マーケットでは、国産勢がやや不活発だったため、相対的に輸入車の新モデル投入が盛んに感じられた。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏に、輸入車の注目モデル3台をピックアップしてもらった。

●1位/メルセデス・ベンツ「Cクラス」

 7月に発売されたメルセデス・ベンツの小型セダン「Cクラス」。Cクラスは欧州Dセグメント(セダンモデルで全長4.7m前後)の高付加価値レンジ、俗に言う「プレミアムD」に属するモデルで、新型は4代目。1982年に発売された「190E」から数えるとすでに33年目に入っている。

 このCクラスを1位に挙げた理由は、クルマに使われているテクノロジーではなくデザインである。もちろん技術面も最新だ。ボディはアルミニウムと鋼板のハイブリッド構造で軽量に作られ、エンジンは熱効率の高い直噴ダウンサイジングターボ。歩行者感知機能を持った自動ブレーキ、車線維持アシスト装置など安全装備もすごい。

 が、これらの技術は自動車工学が日進月歩する中で生まれてきたもので、ライバルメーカーも力を入れている分野。それ自体で決定的なアドバンスが得られるというものではない。それに対して新型Cクラスのデザインは、ベンツのブランドイメージを背景として生まれながら、そのブランド力をさらに強固なものにするだけのパワーを持ったものだ。

 ボディ表面の造形はこのところ欧州車のトレンドだった、パキッとしたプレスラインを刻み込むものから大転換し、ラインの折り目は緩やかなカーブにとどめ、陰影で線を表現するというものになった。

 ヘッドランプやリアコンビネーションランプ内部の光のテクスチャも、フラッグシップである「Sクラス」との血縁を感じさせるような緻密なデザインを持つ。インテリアもかつてのベンツのようなメカメカしさは影を潜め、イタリアの木工工芸のような美しいカーブを持つものに変わった。

 最近ベンツは世界販売を大きく伸ばしているが、その原動力となっているのはこのCクラス。とりわけ、成熟市場で高級車は縮小する一方と日本メーカーが分析していた欧州市場で人気が沸騰、劇的な成功を収めている。オーストリアのあるディーラーで聞いたところ、顧客の購入動機の大半はこのデザインなのだという。

 高級車のユーザーは概して保守的だ。デザインテイストを刷新し、それを顧客に受け入れてもらうのは非常に難しく、プレミアムD以上のクラスにおいて世界で圧倒的な支配力を有するダイムラー、BMW、アウディの“ジャーマンスリー”も長年、保守的デザインの陳腐化に頭を痛めてきた。

 ダイムラーはフラッグシップのSクラスでデザイン改革を断行、さらにそのイメージをコンパクトなCクラスに直接投影することに成功した。高級車市場はまだまだ行き詰ってなどおらず、大きなバリューを生み出し得るということを見せつけたという点で、新型Cクラスは傑作と言っていい。

●2位/フォード「フィエスタ」

 2位は一転、コンパクトモデルであるフォード「フィエスタ」。現行フィエスタは欧州市場では2008年に発売されたもので、モデルライフからみればすでに次期モデルの登場前というタイミングだ。

 インポーターのフォードジャパンは現在、日本市場でのビジネスについて出直し的強化を図っており、コンパクトのフィエスタについても2007年に販売を中止して以来、久々の投入に踏み切った。

 さて、そのフィエスタのどこが良いのかということについて。実は筆者も秋にフィエスタで1000km超のロングドライブをしてみるまでは、大して興味関心を持っていたわけではなかった。

 スタイリングはシャープだがいささか国籍不明気味で、見た目の外国車らしさは弱め。また、2008年デビューとあって、設計も古かろうと思っていたのだ。が、実際にドライブしてみると、とりわけ高速巡航や地方道でのパフォーマンスは、ライバルの群を抜いて優れたものであることが如実に感じられた。

 とくに傑出しているのはサスペンション、タイヤなどのシャーシチューニング。フィエスタは195/45R16という極薄型のスポーツタイヤを履いている。グリップ力は高いぶん、乗り心地はごつごつしているのではないかと予想していたが、うねりの強い高速道路の老朽路線、三重・奥伊勢の荒れたワインディングロードなど、クルマに厳しい道路でも終始しっとりとした乗り心地を維持した。

 1リットル3気筒100馬力の直噴ダウンサイジングターボ+6速DCT(デュアルクラッチ式自動変速機)のパフォーマンスも、静粛性、パワー、燃費のバランスがきわめてよく取れたものだった。

 日本市場ではフォードのブランド認知度は高くなく、フィエスタの販売予定台数もごく少数。そのこともあって、車両価格は税込み236万円と、国産車に比べるとかなり高い。

 もしこれが国産車とそれほど変わらない価格で、有力な販売網を使って売られたら、国産コンパクトの大半は乗り味、パフォーマンスの面でほとんど討ち死にせざるを得なかっただろう。アウトバーン走行を前提とした海外モデルでもまともに勝てるものは多くはない。そのくらいの潜在能力の高いクルマであった。

●3位/BMW「i3」

 電気自動車のBMW「i3」。これは電気自動車であることより、クルマづくりのアーキテクチャが注目点。

 車体は普通のモノコック構造ではなく、エンジンやサスペンションがつくアンダーボディの上に、航空機などで利用が始まっているカーボンコンポジット材のキャビンを架装するという手法で作られる。そのため、重いバッテリーを21.6kWhぶんも積みながら、車両重量は同クラスのガソリンエンジン車と同レベルの1260kgしかない。

 興味深いのは、そのi3が500万円を切る価格で販売されるということだ。カーボンコンポジット材で車体そのものを作る研究は大手自動車メーカーならどこもやっているのだが、他の材料と比べて圧倒的にコストが高いため、クルマにはまだまだとても使えるレベルにないと言われていた。

 それを電気自動車という台数の限られたモデルながら、現実的な価格の市販車に採用したというのは、クルマづくりの歴史におけるトピックのひとつとみてもいいくらいのイノベーションだ。性能ももちろん良いが、それ以上に今後のクルマの進化を楽しみにさせてくれるモデルということで、3位に推した。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
8人の美脚集団がミニスカハイヒール姿でオフィスを占拠した写真
【東京オートサロン】日産X-TRAIL改とレッグウォーマー美女
雑誌『小学一年生』2014年の表紙モデルが3213人の中から決定

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP