ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2015年あなたの運勢】ガジェ通占い

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、2015年のあなたの運勢を占います。

【1月生まれの運勢】
全体運:臨機応変な対応を求められる場面が増えそう。
仕事運:給料UPや臨時収入が見込めるかも。
恋愛運:理想的な出逢いや展開が期待できそう。
健康運:体型の大きな変化に注意。
家庭運:我慢することが増えるかも。
金銭運:出たぶんだけ入ってくる兆し。

【2月生まれの運勢】
全体運:物事の本質を見極めることが肝要。
仕事運:ひとつずつ丁寧なやりとりを心掛けて吉。
恋愛運:生真面目なくらいでうまくいく。
健康運:通院や薬の服用などを面倒くさがらないこと。
家庭運:急いで結論を出そうとすると失敗。
金銭運:出費が増えそう。

【3月生まれの運勢】
全体運:身近な人たちとの絆を再確認する年に。
仕事運:足踏み状態が続きそう。
恋愛運:誠実さが好印象に。
健康運:ストレスをためないことが大事。
家庭運:ひとつの大きな区切りを迎えるかも。
金銭運:心配は的中するので前もって貯蓄しておくなど準備を。

12月すべての運勢を見たい方は、今日のガジェ通占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/749619 )からご覧ください。


4月生まれ以降の運勢はこちら!

【4月生まれの運勢】
全体運:依存心を持ち過ぎないことが成否の決め手。
仕事運:目上の人と衝突の危険。
恋愛運:口論が増える兆し。口は災いのもと。
健康運:突発的な怪我やウィルス性の病気に注意。
家庭運:対等な関係を心掛けて吉。
金銭運:見た目に気を使うことが幸運の鍵。

【5月生まれの運勢】
全体運:初心に返ること。
仕事運:過去の失敗に拘泥しないよう注意して。
恋愛運:価値観の違いを認めて吉。
健康運:新たな美容法や健康法にツキあり。
家庭運:問題は解決の糸口が見つかる兆し。
金銭運:財布のひもは固めに。保守的になったほうが良さそう。

【6月生まれの運勢】
全体運:手抜きや誤魔化しが露見し易い年。
仕事運:計画性がないままの見切り発車は禁物。
恋愛運:礼儀正しい言動が好印象。
健康運:大きな怪我や病気に注意して。
家庭運:話し合いの場をこまめに持つこと。
金銭運:大きい金額の貸し借りはしないほうが吉。

【7月生まれの運勢】
全体運:周囲と調和し穏やかに過ごす年に。
仕事運:合理的に進めると良さそう。
恋愛運:身動きが取れないときは無理に動かないのが吉。
健康運:無理をしないで休みはしっかりとること。
家庭運:親しき仲にも礼儀を忘れずに。
金銭運:大きな損失があるかも。

【8月生まれの運勢】
全体運:活気のある日常生活が送れそう。
仕事運:感情的にならず話し合いを大切に。
恋愛運:わがままは控えて。
健康運:周囲から良い健康法が得られそう。
家庭運:大きな問題が起こるかも。
金銭運:着実な手段で財が増える兆し。給料のベースアップも期待。

【9月生まれの運勢】
全体運:積極的なくらいでうまくいく。
仕事運:良い協力者を見つけることが成功の鍵。
恋愛運:素直な気持ちで接すること。
健康運:持病や昨年から続いている不調が徐々に回復する兆し。
家庭運:同じ目標を持つことを心掛けて。
金銭運:散財する傾向にあり。

【10月生まれの運勢】
全体運:すべてを総括し雨降って地固まる年に。
仕事運:行動範囲が広がるように。海外との接触も吉。
恋愛運:ギブアンドテイク。
健康運:小さな疲労の積み重ねを軽く考えないで。
家庭運:振り返りの時間を持つこと。
金銭運:準備不足で出費がかさみそう。

【11月生まれの運勢】
全体運:理性的な行動をとることが肝要。
仕事運:自力で乗り越えなければならない試練が。
恋愛運:現実的な視点を持つこと。
健康運:睡眠や栄養の不足は大敵。
家庭運:隠し事が露見するかも。早めに片付けて。
金銭運:収支に落ち着きがない年になりそう。

【12月生まれの運勢】
全体運:退屈に感じるくらい起伏の少ない年になりそう。
仕事運:感性を大切にして吉。
恋愛運:相手をコントロールできると思わないで。
健康運:変わったことではなく地道な努力を。
家庭運:面倒や苦労が重なるかも。
金銭運:欲張ると却って損をする傾向。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP