ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スシロー・はま寿司・かっぱ寿司・魚へい 創意工夫し魅力UP

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、100円寿司が熱い。好きな回転寿司の上位は全て100円寿司だった。最近は各社、新ネタの開発など、レベルが向上している。スシロー、はま寿司、かっぱ寿司、魚へいのネタの創意工夫を紹介する。

■スシロー
 大阪の一軒の寿司店から始まり、現在全国に383店。2011年に回転寿司業界トップに躍り出て約1200億円の売り上げを記録した。その革新を支えるのは、原価をかけてもいいネタを仕入れる赤字覚悟の経営哲学。
 
 寿司の神髄はまぐろとこだわり、『特ネタ本鮪中とろ』(1貫194円)は、100kg以上のまぐろの中トロのみを厳選する。時には期間限定で生の本まぐろを販売する心意気だ。

■はま寿司
 宣伝しなくても、「近所にあって行ったらおいしかった!」と、じわじわ口コミで広まり、現在は全国に363店を展開。平日はひと皿97円と、なんと100円を切る価格帯を貫き続ける。
 
 四国・九州産の『活〆ぶりはらみ』(1貫108円)は、しょうゆをはじくほど脂ノリがよい自慢の逸品。素早く活締めにしたぶりを冷蔵して店に直送。このひと手間で鮮度はグンと落ちにくくなり、おいしいままレーンを回る。

■かっぱ寿司
 ファミリー回転寿司の元祖として君臨。現在は338店、おなじみかっぱのマークで、回転寿司を全国に広めた功績は偉大だ。各社が100円以上の皿を出すなか、100円オンリーの価格帯を守り続けたが、2014 年4月から“新かっぱ寿司”と称して、快進撃をスタート。
 
 巨大ずわいがにを豪快に丸ごと1本のせた『ボイル本ずわい』(1貫194円)など、ネタ重視で攻める。女性開発者も投入し、新発想で王座奪還を狙う。

■魚べい
 国内に約140店を展開する『元気寿司』の新形態。渋谷にある道玄坂店は白を基調にした店内で、まるでカフェのよう。すべてカウンター席で、女性ひとりでも気軽に入れ、外国人客も多い。注文すると高速レーンで自分の目の前に寿司が直接届き、その間たったの1分。3段レーンで一度に9皿運べる。
 
 看板メニューである『まぐろたたきねぎラー油』(108円)は、ピリ辛風味がクセになる味。

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
渋谷の寿司店で食べられる高さ10cmのまぐろ軍艦巻き580円
30cmのサーモンなど注目の回転寿司店をB級グルメ王が紹介
母の実家が寿司店の小森純が絶賛! 東京・六本木の回転寿司

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP