ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐山光三郎氏が選出 「人間が生きるということ」を描く3冊

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎回、評者に1人1冊を選んでもらう書評コーナー。今回は年末年始に合わせ3冊の本をピックアップしてもらった。作家の嵐山光三郎氏が「人間が生きるということ」をテーマにピックアップしたのは、以下の3冊だ。

(1)死に支度(瀬戸内寂聴/講談社)
(2)限界にっぽん(朝日新聞経済部/岩波書店)
(3)ちいさな城下町(安西水丸/文藝春秋)

 以下、嵐山氏の解説。

 * * *
 九十二歳になった瀬戸内さんは「死の上に張った薄い氷に乗っているような感じ」で「これが最後」のつもりで最後の小説を書いた。瀬戸内さんがめざす理想的な死は荒畑寒村の九十三歳か、里見とん(とん=弓へんに亨)の九十四歳で、おふたりとも没するまで意識がはっきりしていた。

『限界にっぽん』は、いま日本の会社でおこっている「追い出し部屋」のレポート。過酷なノルマ、無理やりおしつけられた仕事で退職を迫られる社員たち。朝日新聞はやたらと叩かれているが、経済部はこれほどの取材力を持っている。朝日一丸となってがんばれ!

『ちいさな城下町』は三月十九日に逝去した畏友安西水丸の最後の本。親しかった村上春樹と新潟県村上市へ行き、地元の村上新聞社の前で写真をとり、村上の酒「〆張鶴」を飲んだ。村上氏は毎年九月に村上市でひらかれる「国際トライアスロン」に出場している。水丸の漫遊記は友情の旅でもあるのです。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今春他界した安西水丸氏が全国の無名城下町訪ね歩いた紀行本
故・安西水丸氏最後のエッセイ集は城下町を訪ね歩く旅行記
NHK会長人事大揺れ 総務省と片山総務相の面目丸潰れ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP