ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

除夜の鐘つきたい参拝客が増加 東京・増上寺なら一人2000円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年越しの風景としてなじみ深い除夜の鐘だが、最近はみずから鐘をつきたいと希望する人が増えている。街歩き雑誌の年越し特集号やネットで情報を集め、プランを立てる人が減る様子はなく、集まりすぎる人に対応するため、108回を超える回数、鐘をついている寺院もある。港区芝にある浄土宗大本山増上寺でも「近年は、一般から希望される方が増えています」(増上寺施設部接伴課・吉田龍雄さん)という。

「増上寺では、一般の方に除夜の鐘をついていただく場合は一人2000円のチケット制になっているのですが、頒布してから定員に達するまでが短くなりました。とくに目立つような告知をしているわけではありませんが、関心が高まっているなと感じます。

 増上寺の鐘はかなり大きいので撞木(しゅもく)というつく棒も大きいです。除夜の鐘をついていただくときは、これにひもを6本つけて一般の方4名、後ろに僧侶が2名つきます。『1、2の3で揺らして、ついてください』とご案内ののち、ついていただきます。撞木が鐘にドーンと当たり反動がつくと、止めるのにかなり力がいるんです。止めないとドーン、ドーンと何度かついてしまう。二度つきを防ぐために後ろで僧侶が止めています」(前出・吉田さん)

 大晦日の増上寺では、およそ21時過ぎから本堂などすべてのお堂で納めの法要をし、23時から浄梵会(じょうぼんえ)というおたきあげの法要が始まる。除夜の鐘108打のうち、107打を年内に、108打目は新年につくと言われるが、増上寺は1打目を12時ぴったりに大僧正がつき、2打目以降を参拝者がつく。

「鐘をつく時間は、1組あたりおよそ50秒くらいです。最近は、記念写真を撮りたいという方も少なくありませんので、そうすると少し時間がかかります。108打目まで終わるころには、1時40分くらいになっていますね」(前出・吉田さん)

 都心でアクセスがよい寺院だけでなく、断崖絶壁に立つ修験道の行道でも、除夜の鐘をつきたいと申し込む人が増えている。鳥取県の三徳山三佛寺では、冬季は危険なため入山禁止にしているが、除夜の鐘をつくためだけに特別に入山できる。その除夜の鐘をつくためには国宝投入堂への行者道を歩き、山上の鐘楼堂まで登らねばならぬが、年々、問い合わせが増えていると副住職の米田良範さんはいう。

「もともとは地元の檀家さんと僧侶だけで除夜の鐘をついていたのですが、過疎地で高齢の方が多くなり、地元から参加できる人が少なくなったこともあって5~6年ほど前から広く公募するようになりました。11月末にホームページで募集するのですが、最近は告知するより早くメールで問い合わせる人が増えています。危険ですので、限られた人数しかお引き受けできないのですが、締切日より早く定数になります」

 三徳山での除夜の鐘は、誰でも参加できるわけではない。過去に投入堂参拝登山の経験があること、防水防寒対策をすること、道中明かりが一切ないためライトを用意することなど、様々な条件がある。また、天候次第で除夜の鐘をつけなくなることもある。

「一歩踏み外すと谷底に落ちてしまう道を歩くので、天候により入山時間が変わります。そのため何時から鐘をつくかは決めていません。108回つく間に年を越す、というゆるやかなスケジュールです。一人当たり3~4回ついていますね。4年前の大雪の時は、地元の人が身動きが取れず、数日前から三朝(みささ)温泉に泊まって除夜の鐘をつきにきた遠方の方だけが来られたこともありました」(前出・米田さん)

 年中祭祀や儀礼というより、イベントとして除夜の鐘に参加する人が増えているような気もするが、いざお寺の境内に入ると、誰しも厳かな気分になる。前出の増上寺・吉田さんは、お寺は普段の忙しい感じとは違う感覚でいられる場所なので、除夜の鐘をついたり、初詣の機会に、静かに落ち着いて自分をみつめることをすすめている。

「除夜の鐘をイベントとしてつくのもけっこうですが、せっかくなので、鐘をつくことの意味を少し考えてみてはどうでしょうか。鐘の音が響き渡ることは、仏の教えと同じであると私たちは考えています。そこまで仏様のことを思い浮かべなくても、鐘の音を聞いて殺伐とする人というのはあまりいないと思います。

 といっても、鐘をついても自らの煩悩はなかなか消えるものではないです(笑)。でも、除夜の鐘をつくだけでは煩悩を完全に消せないものの、消していこうじゃないかと自分と向きあう新しい気持ちをもち、新しい一年にのぞむというのも意味があると思います」

 情報過多によって日常のせわしなさは、年を追うごとに加速している。たまには、静かに落ち着いて自分と向き合いたいという潜在的な願いが、除夜の鐘や初詣で寺社へ足を運ぶ人を増やしているのかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
除夜の鐘を聞いて一度死ぬ 東大卒僧侶が教える新年の迎え方
紅白最も歌われた歌 8回3曲『河内おとこ節』『天城越え』等
携帯写真をお正月っぽくデコれる年賀状メールおすすめサイト

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP