ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、IEとは異なる軽量ブラウザ “Spartan” を開発中と伝えられる、Androidにも対応か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft が Windows や Windows Phone 用の WEB ブラウザ「Internet Explorer(IE)」とは別に「Spartan」というコードネームの下で IE よりも軽量な新しい WEB ブラウザを開発していると米国の WEB サイト ZDNet の Mary Jo Foley 氏が伝えました。伝えられているところによると、現時点で「Spartan」は MS が Windows 10 と一緒に投入する予定の IE 11 の次に出てくる “IE 12″ とかではなく、Chrome や Firefox と対立するような拡張機能をサポートした製品で、2015 年下半期にリリースされる見込みとのことです。また、Spartan は Microsoft の Chakura Javascript エンジンや Webkit とは異なる Microsoft レンダリングエンジンを用いて現在開発が進められているそうです。Microsoft はこれまで自社の OS 向けに WEB ブラウザを提供してきましたが、Spartan でクロスプラットフォーム戦略に切り替えるのかもしれません。その点が一番注目されるところであります。Source : ZDNet


(juggly.cn)記事関連リンク
ZTEが新しいコーポレートロゴを公開
Galaxy Alphaの生産が2015年2月で打ち切りになるとの噂、Galaxy Aシリーズにシフト?
Huawei Honor X2と呼ばれる7インチタブレットのスパイショット

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP