ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今すぐ旅に出たくなる!うらやましすぎる贅沢シーン5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Manami Otoshi 「France-Paris 2013」より

「うらやましい!」、「なんて贅沢!」こんなことを旅先で思うことはありませんか? 特に国外への旅では、違う文化に触れることも多く、そのように感じることも多いのではないでしょうか。日本もいいけど、異国もいいな。写真を見ただけで思わずそう思ってしまいそうなエピソード、あります。

(1) 勉強はカフェのテラスで

カフェで勉強という行動ですらおしゃれな雰囲気に変えてしまうなんて、さすが異国。北米と南米の中間あたりに位置するグアテマラでのワンシーンです。
ここのカフェは、営業時間外ならスペイン語を勉強できるそう。気持ち良い外の空気をあびながらする語学学習なんてうらやましいですね。

(2) 入口から、わくわくが止まらない

Shohei Watanabe 「ロサンゼルスに26年ぶりに来た。L.A. Santa Monica」より

これはロサンゼルス近郊、Cerritos(セアリトス)にある素敵な図書館の入り口です。児童図書コーナーは森の中にあるような作りになっていて、図書館にそぐわないような巨大な水槽もあります。そんな遊び心もありつつ、大人向け図書コーナーはスタイリッシュな作りに。本好きにはたまらない…うらやましいですね。贅沢な雰囲気すらあります。

(3) ただ、のんびりする人たちと時間

Manami Otoshi 「France-Paris 2013」より

「会話したり、お茶を飲んだり、読書したり、日向ぼっこしたり、ただひたすらのんびりと…。日本もこうであればいいのに」。この写真を撮った方がそのように表現するような時間が、実際にここでは流れています。パリはおしゃれな街だけれど、のんびりする空間や時間もあるんです。

国外に行くと、日本よりもベンチや公園を町中で多く見かける気がします。ふと立ち止まってボーっとしたり、ごはんを食べたり、人と話したり、そういうことができる場所が多いのです。そんな時間を求めてはるばるパリに…考えるだけで、おしゃれです。かなり贅沢ですね。

(4) 宮殿を眺めながらベンチでボーっとしてみる

Mayu 「おひとりさま優雅旅-ohAustria&Germany&Finland-」より

宮殿を眺めながらボーっとするという贅沢な時間は、日本にはないものだと思います。オーストリアウィーンでのワンシーンです。異国には、日本とはまた違ったような広く素敵な庭園や、美術館、宮殿など、たくさんの造形物があります。絵が好きな人は美術館で好きな絵をただ見ていたり、自然が好きな人は天気のいい日に庭園でただボーっとしてみたり。何かに追われることなく過ごせる贅沢な時間を体験してみたいものですね。

(5) チョコレート好き!大好き!と言えば……

Haruka Tajima 「【ベルギーの水の都】カラフルな可愛い街はやっぱり女子の憧れ!」より

チョコレート王国と言えば、そう、ベルギーです! カラフルな街並みを見ながら、甘いチョコレートを食べる。これは贅沢ですね! 料理もおいしい街ですが、やはりメインは甘いものではないでしょうか。たくさんの種類からお気に入りのスイーツを選んで頬張りながら歩く。甘党にはうらやましすぎる日常の一コマですね。

うらやましいな、贅沢だな、いいな、行きたいな

異国でしか見られないものを見たり、その土地の空気を満喫できるほどボーっと過ごしたり、そこでしか食べられないものを味わったり、「うらやましすぎる贅沢な経験」は、異国だと意外と簡単にできたりします。ご紹介したエピソードの中で「うらやましいな」、「贅沢だな」と、思うものはありましたか?

ちょっぴり妄想して楽しい気分になるもよし。「行ってみたい!」と思ったら、さっそく旅の計画を考え始めるもよし。「うらやましすぎる贅沢な経験」をしに行ってみませんか?

(ライター:藤江陽子)

*Aya Murase 「Antigua Guatemala
*Shohei Watanabe 「ロサンゼルスに26年ぶりに来た。L.A. Santa Monica
*Manami Otoshi 「France-Paris 2013

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP