ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

回転寿司通のレッド吉田 長男に30皿ノルマ課し長女は7皿で

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ネタの鮮度や赤字覚悟の豪華寿司など、食通をうならせる回転寿司が続々と登場している。回転寿司といっても、決してあなどれないクリティとなっているのだ。芸能界きっての回転寿司ファンとして知られている、TIMのレッド吉田(49才)。3才から高2の3男2女の父でもあるレッドは、7人家族での回転寿司詣でを楽しみにしているという。

 回転寿司を楽しみ尽くすためのこだわりを聞いた。

「子供が5人いるので、安くてうまい『はま寿司』によく行きます。子供たちは注文のタッチパネルの操作や皿の取り分けをしたがり、下の子よりも中1の次男がレーン側の席を狙っています(笑い)。小さい子たちはデザートが流れてくるとすぐ手を伸ばすので、寿司を5皿以上食べないとデザート禁止などルール決めも。ジュースも1杯に制限したら、“じゃあ、パパもビール1杯ね”って(笑い)」(レッド吉田、以下「」内同)

 レッド流こだわり【1】:平日の午後6時までに完食する

「7人家族で賑やかなので、なるべく落ち着いて食べられるよう、比較的空いている平日の夕方に行くことが多いです。『はま寿司』は平日ひと皿97円なので、大食いがいる我が家にやさしい!」

 レッド流こだわり【2】:居酒屋のようにいろいろオーダー

「ビールと枝豆をまず頼み、居酒屋気分に。寿司は基本的にパネルで注文しますが、流れてくるネタに誘惑され、食べ過ぎることも。子供も喜ぶカリカリポテトなどの揚げ物系からデザートまでいただきます」

 レッド流こだわり【3】:ゲーム感覚で盛り上がる

「高2の長男は成長期でもあるので30皿以上をノルマに。一方、小4の長女はぽっちゃり気味なので“今日は7皿まで。さぁ、どの皿を選ぶ?”など、ゲーム的なルールを(笑い)。家族全員でワイワイ楽しんでいます」

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
母の実家が寿司店の小森純が絶賛! 東京・六本木の回転寿司
静岡の回転寿司店の高さ約6cm「こぼれずわいがに」は483円
沖縄にビタミンCが豊富なゴーヤーを使ったノリ巻きが存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP