ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カレンダー業界は松岡修造が軸 秀逸ビジネスモデルの由来は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もう新年のカレンダーの用意をすました家庭は多いだろうか。まだなら「日めくりカレンダー」をお勧めしよう。コラムニスト・オバタカズユキ氏が、今話題の爆笑日めくりカレンダーから、カレンダー業界を解説する。

 * * *
 この忙しない年末に、松岡修造が売れまくっているそうだ。報道によると、日めくりカレンダー『まいにち、修造!』(1080円税込・PHP研究所)が、39万部の発行部数に到達。カレンダー業界的にも異例のバカ売れで、まだまだ増刷が期待できるという。

 とある老舗出版社の収益の柱は実を言うとカレンダー、と聞いたことがある。カレンダービジネスは出版界において知る人ぞ知る心強い副業だったりするわけだが、本業のビジネス書出版が市場全体のシュリンクで苦しい感じだったPHPも、これでだいぶ救われたはずだ。ひとまず、同じ業界で飯を食う者として喜ばしいニュースだ。

 でも、要は松岡修造の名言を集めたカレンダー。それがどうしてそこまで売れるのか。いまいち分からないと思いながら、中身をチェックしてみると、これが予想を上回る爆笑力で爆発している感じなのだ。

 たとえば、こんな名言のページがある。初見は何のことやら意味不明。

〈05 自分を持ちたいなら、サバになれ!〉

 なんだそれと説明文を読んでみると、こんなことが書いてある。

〈何となく周りに流されてしまう自分がイヤで、ネチネチ悩んでいるのか?サバを見てみろよ。いろんな魚が泳いでいる所でも、周りを気にせず、常にサバサバしているだろ(後略)〉

 なんだダジャレかよ、なのだが、そう思うと同時にこみあげてくるものがある。「サバを見てみろよ!」と熱く語りかけてくる松岡修造を脳裏に浮かべてみたい。「サバサバしているだろ!」と心から言い切る松岡修造の顔もだ。「たしかにそうですね!(爆)」となるしかないではないか。

 ちなみに、このサバのページでは、手足をまっすぐ棒状に伸ばした松岡修造が波の上でバタ足をしている写真つきである。ウケる、笑える、元気になる、という評判は耳にしていたが、実際のところウワサ通りに面白い。以下、私が思わず吹き出しそうになった名言のページを3例ほど記しておこう。

〈07 今日からキミは噴水だ!〉
……イチョウ型の噴水デザインの上で喜怒哀楽をあらわにした松岡修造のいくつかの顔写真が水玉になって飛び散っている。

〈13 不平や不満は、心を後ろ向きにさせるポイズン〉
……半袖半ズボンの松岡修造が両腕を開く抗議のジェスチャーで口から吐き出しそうな何かを必死に堪える頬っぺた膨らまし顔のまま前進してくる。

〈26 脳がブルブル震えて喜んでいるよ!〉
……目鼻口をまん丸にした仰天顔の松岡修造が自分の頭部をパンパンに膨らませた風船を両手で包むみたいな格好をしている。

 写真やデザインの面白さを言語化するのはなかなか難しいから画像検索などで現物を見てほしいのだが、名言の意味はまあそういうことだ。特に深い意味はなくても、松岡修造が本気で発するから笑いの価値が生まれるのだ。

 これは買いだろう、と私も思った。ところが、ネットストアの購入ボタンをクリックする手前で気がついた。日めくりなのに名言が31しかない。

 そう、上記した事例の頭にそれぞれついている数字で気づいた方もいるかと思うが、名言ページは01~31のみであり、1月分をめくったら、また01に戻りましょうという仕組みなのである。どうりで日めくりなのに値段が安いわけだ。

 このなんとも上出来なビジネスモデルをとっくの昔から導入している巨匠の日めくりカレンダーがある。全31ページの相田みつを『こころの暦 にんげんだもの』(923円税込み・三和技研)。1~31の数字と共に、1ページに1ポエム、巨匠の毛筆書きが印刷されている仕組みだ。松岡修造カレンダーの企画担当者は、みつをカレンダーをベースに商品開発したに違いない。

 というような憶測はともかく、毎月繰り返し読むことで名言が心により染みこんでくる的な効用を、私は欲していない。別に彼らと同化はしたくない。購入は断念。しかし、ここまで来ると、名言カレンダーの物欲スイッチを消す気になれず、さてどうしたものか。

 ネット上であれこれ見ていくと、名言カレンダー界に長年君臨してきたらしい大物の顔としばしば出くわす。天台宗の大僧正、瀬戸内寂聴だ。寂聴カレンダーは幾種類もあり、全370ページの『寂聴 日めくり暦』(2916円税込・日本音声保存)も毎年出版されている。2015年版で寂聴節を強く感じたのは、こんな名言だ。

〈7月13日 亡き人の魂は、愛する人が幸せになることを望んでいます。後ろめたく思う必要はありません。幸せになってください。〉

 きっとかなり深い名言なのだが、やっぱりこれはもう少しお歳をめした方に向けた言葉だろう。若輩の私にはまだ響かない。

 では、私の青春時代に身近だった、あの吟遊詩人のカレンダーはどうか。寂聴カレンダーと同じ会社が『さだまさし 一所懸命日めくり』(3780円税込・日本音声保存)を出していた。その中身は?

〈1月1日 あけましておめでとう 本当におめでとう!と心から思う歳になりました 毎日を一所懸命生きましょうね〉

 事例として公開されているのが、これ1つだけ。いい値段なのに開けてからのお楽しみ状態。それはつまり、まっさんファン向け限定モードということだ。私はそこまでまっさん好きではない。今でもいくつかの有名大学にはさだまさし研究会があるそうだが、もし大学生に生まれ変わってもたぶん自分はその研究会に入らない。

『ももいろクローバーZ日めくりカレンダー』(2700円税込・東京ニュース通信社)も2015年版を出しているが、ファンでもないのに『さだまさし 一所懸命日めくり』を買うということは、ファンでもないのに「ももクロ」グッズを買うのと本質が同じだ。やってはいけないことのような気がする。

 でも、そんなことを言ってたら、特定個人なり特定団体なりの名言で編んだ日めくりカレンダーは全て、その人やその団体のファンになってから買いなさいという話になってしまう。

 そして私は今、『名言・格言日めくりカレンダー』(1728円税込・高橋書店)の購入で迷っている。手帳に強い高橋書店が、一般公募の「手帳大賞」で受賞した作品や優秀な作品を、集めて編んで出版しているのだ。いわば無名人日めくり名言カレンダー。中身はかなり面白い。

 たとえば、〈5月24日 おまえ、1年前の悩み言える?〉とか、〈7月30日 疲れたときはなあ、緑のあるとこ行って「ぽよ~ん」としときっ!〉とか、〈12月7日 “人生の長さは個人差の一つ”だと思う。〉とか。バリエーションが豊かなので飽きもくるまい。

 だが、難がある。〈10月25日 本当にいいものはみんなタダでできているねー。〉というページがあるのだけれど、これはホントその通りで、たとえばツイッターをやっていると、この水準の名言が各種名言botからいくらでもタダで見られるのだ。

 ならば紙で名言を日めくる意味とは何か。そこにどんな喜びがあるのか。

 この悩みに「サバになれ!」と松岡修造は言うだろう。やはり『まいにち、修造!』を買うべきか。私は迷路に入ってしまった。

 そうこうするうちに、もう新年がやってきてしまうのだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【AKBカレンダー選抜2】エプロン姿で“いただきまゆゆ♪”
【AKBカレンダー選抜3】桜の花は別れの栞 さしこ卒業式
【AKBカレンダー選抜12】板野友美 猫耳姿で超ハイヒール

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。