ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浅草寺の執事長 初詣では大晦日22:30に本堂前にいること推奨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年間参詣客約3000万人、1300余年の歴史を誇る東京最古の寺院、金龍山浅草寺。昨今の外国人観光客ブームもあって、平日でも朝からにぎわう下町のホットスポットだ。もちろん初詣も、フツーに行けば3時間待ちは当たり前。そこで浅草寺の執事長・守山雄順さんに、スムーズな初詣のコツを聞いた。

「大晦日は午後11時になると、本堂へのルートは雷門~仲見世~宝蔵門の一方通行のみとなります。元旦0時にご参詣の皆様を順次本堂へと誘導いたしますが、除夜の鐘を聞いてから並ぶと、待ち時間はだいたい3時間ぐらい。午後10時半ぐらいからなんとなく本堂前にいていただければ、そんなにお待ちにならずに済むと思います」(守山さん)

 これが直前の準備だが、浅草寺を中心に栄えてきた浅草だけに、歓楽街も浅草寺周辺がいちばん濃い。そこで大晦日は、正月にしか見られない法要「修正会」や境内にある参拝スポットを巡り、浅草グルメに舌鼓。早めに本堂前で待って初詣に備えるのがベスト。

 あるいは思い切って、参詣が一段落する早朝を狙うのも手だ。

「午前4時頃には初詣も一段落します。浅草到着が午前0時を過ぎるようなら、ひと休みなさった後、早朝にお越しになって、静かな本堂で祈願なさるのもよいでしょう。初詣は“新年最初のお参り”という意味ですから、いつお参りしても観音様のご加護は変わりません」(守山さん)

※女性セブン2015年1月8・15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
凶が多いといわれる浅草寺のおみくじ 古来からの割合を厳守
参道・鳥居の“真ん中”は神様の通る道なので歩いてはダメ
お寺の中に神社ある場合も東大寺では神社に鎮守の祈り捧げる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP