ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超人気作から異色のサイエンス・スリラーまで! 年末年始“イッキ観”したい海外ドラマはこれだ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


年末年始はテレビも退屈、でも外に出るのも寒いし面倒だし……とつい食っちゃ寝しがち(筆者のこと)。でも、このたっぷりある時間を有効に使わないともったいない! ということで、完結した漫画を一気読みしたり、海外ドラマを一気観するのも良いですよね。

でも何の作品を選べば良いのか分からない。そんなアナタに、最低限これだけは観ておこう! いや、むしろ観てないとヤバい超人気の海外ドラマをピックアップしてご紹介します。

『ブレイキング・バッド』
今年、アメリカのテレビドラマ界で最高峰、エミー賞で作品賞、主演男優賞など6部門を受賞、さらにゴールデングローブ賞でテレビドラマ部門で作品賞、主演男優賞を獲得など、各賞を総なめにした作品。平凡な人生を送っていた中年化学教師の主人公が、ある日突然余命宣告を受け、死ぬ前に家族に財産を残すためにドラッグ精製に手を染めていくというストーリー。

『ウォーキング・デッド』
ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、生存者たちが安住の地を求めてサバイバル姿を描くドラマ。芸能人でもファンが多く、伊集院光やおぎやはぎ、ナインティナインの岡村隆史、それ以外でもなんと安倍首相までもがファンとのこと。dビデオ海外ドラマ視聴ランキングに見事1位にも輝いているなど、1度見たら病みつきになります! 動画配信サービスdビデオでは、最新シリーズ『ウォーキング・デッド シーズン5』の第1話~第8話を1月1日~2月8日の期間限定で再配信するそう。

『24』
2003年にレンタルを開始し、日本での海外ドラマブームの火付け役ともなった本作。これまでのシリーズの累計レンタル数は3億回を超えています。2014年には10作目となる最新シリーズのレンタルなどで、話題となり、今もなお本作のファンは大勢います。ストーリーは、アメリカの連邦局に勤める主人公と、テロリストとの戦いを描いています。

とまあ、ここまでは超人気・超話題・超定番作品な為、全部観てしまっている方も多いでしょう。そんなアナタには今後注目の異色スリラーがおススメ。

『HELIX ‐黒い遺伝子‐』
アメリカでは、初回放送が同時間帯枠歴代1位がNo.1となった話題作。物語は、とある北極の研究施設を舞台に、そこで巻き起こるウイルス感染と、その”感染”に隠された謎を描く禁断のサイエンス・スリラーで、ウイルスへの“感染“と登場人物による”裏切り”の2つの異なる恐怖が織りなすスリリングな展開と、想像を超えるラストが見所。さらに日本を代表する名優・真田広之が、物語のカギを握る重要人物として出演しています。dビデオでは11月1日より配信開始し、なんと現在dビデオでしか見る事が出来ないそうです。海外ドラマファンは必見。dビデオでは全13話配信中。

これだけの海外ドラマを見れれば十分暇つぶしできるのでは? この他にも数多くある、海外ドラマ。筆者もこの年末年始はダラダラとお笑い番組を観るのを卒業して、海外ドラマツウになってやろうと思ってます。

dビデオ海外ドラマアワード
http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004339

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。