ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本エレキテル連合 「朱美ちゃん色」を薄めるべく活動中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ダメよ~ダメダメ」の必殺フレーズで、2014年流行語大賞を射止めた日本エレキテル連合。しかし、この栄えある賞に、所属事務所のタイタンは曇り顔だという。ある放送作家はこう漏らす、

「タイタンは日本エレキテル連合の二人を一発屋にしたくないんですよ。二人とも素直で礼儀正しく、事務所のウケもいい。しかも、衣装や小道具を山のように揃えているコンビですから、まだまだ引き出しがあると、本人はもちろん事務所も自信を持っている。ところが、朱美ちゃんネタばかりフィーチャーされると、そのイメージのみ出来上がってしまう。自信のある他ネタも提供したところで、「ああ、あの朱美ちゃんの」とかすんで見えてしまう」

役者でも、特定の役どころのイメージがついてしまうことを嫌がる人は多いが、日本エレキテル連合もそれを恐れているというわけだ。そのために、タイタンはなんとか朱美ちゃん色を薄めるように努力しているのだとか。

「テレビ出演するときは、事務所側から「できれば素顔で登場させてほしい」という懇願にも似たアプローチがあります。テレビ局からすると、今を時めく人気者ですから、ネタ番組だけでなく、クイズ番組や情報番組でも朱美ちゃん姿で出てほしいわけです。ところがタイタンサイドは、できるだけそれを避けたい。

顕著なのは、宣材写真。今では、朱美ちゃんと細貝さんの姿をした宣材写真の貸し出しはNGになっていると聞きます。素顔の二人の宣材写真なら気持ちよく提供してくれるのですが、朱美ちゃん写真は、まさにダメよ~ダメダメ状態」(前出・放送作家)

流行語大賞をゲットしたことで、朱美ちゃん&細貝さん姿で、出ずっぱりになるであろう日本エレキテル連合。ダメ押しとばかりにイメージが定着する可能性も大きいだけに、所属事務所は必死の抵抗を見せている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本エレキテル連合「朱美ちゃん」 いじめ受けていた暗黒時代
ダメよ~ダメダメの流行語大賞にフェミニストから反発の声も
カラテカ入江 忘年会でウケる「ありのままで」の替え歌伝授

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。