体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気クリエイターに聞いた、ヒットするLINEスタンプ制作の秘訣とは?

人気クリエイターに聞いた、ヒットするLINEスタンプ制作の秘訣とは?

トークセッションの様子/左から田中光さん、たかくらかずきさん、もこうさん、吉永たつきさん
KAI-YOUでは、12月18日(木)にKAI-YOU × LINE Creators Market「LINEスタンプクリエイターのリアル」と銘打ったイベントを、LINE社内カフェ(渋谷ヒカリエ 27階)にて開催しました。

関連記事

LINEクリエイターズスタンプの真髄とは? KAI-YOU × LINE Creators Marketで特別イベント

900

イベントは二部構成で行われ、第一部では、LINE株式会社の渡辺尚誠さんが「LINE Creators Market」の現状をスライドを交えて解説しました。

第二部では、田中光さんたかくらかずきさんもこうさん吉永たつき(僕秩)さんがクリエイター目線によるLINEスタンプの面白さ、LINEスタンプを作る上でのポイントなどを解説しました。司会はKAI-YOU代表の米村智水。

質疑応答のコーナーでは、各クリエイターがどうしてそのスタンプを作ったかなどの質問も飛び出し、クリエイターの裏話も盛りだくさんとなりました。

LINEスタンプ制作を文化に

まずは、LINE株式会社の渡辺尚誠さんがLINE Creators Marketについて解説。

_DSC2043

そもそも、LINEスタンプとは何かという、基本的かつ根本的なところから、LINE Creators Marketへの登録方法までを解説しました。

LINEスタンプは、これまで無機質なテキストメッセージだったものを、感情を伴ったコミュニケーションに進化させたことが重要だと述べ、いまやスタンプが言語の壁を超えて世界の共通言語となっていることを強調しました。

LINEスタンプは230の国と地域で展開していますが、国境を超えて親しまれているといいます。

LINE Creators Marketをはじめるにあたって、これまでB to Bでしか展開していなかったLINEスタンプをクリエイターにまで広げることができるようになったそう。

誰でも参加可能”、“売上の50%をクリエイターへ”、“世界中に販売可能”という3点がLIEN Creators Marketの特徴です。
※「売上の50%をクリエイターへ」に関しては、2015年2月1日以降に審査申請を行ったスタンプについては、スタンプ売上総額よりApp Store / Google Playなどの手数料(30%)を除いた50%(売上総額の35%)がクリエイターへの収益分配額へと変更になりました。

サービス開始から6ヶ月で登録クリエイターは270,000人以上が登録し、スタンプは30,000セット以上が販売されており、販売額が1万円以上になったスタンプは40.8%で、販売総額はなんと35億9,000万円に達しているというから驚きです。

1 2 3 4次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。