ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「紅白」紅組をめぐる5つの伝説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年越しそばをすすりながら『NHK紅白歌合戦』を見て、暮れゆく年に思いを馳せる…。1年を象徴するヒット曲、話題曲などを茶の間で聴きながらの年忘れは、まさに「ザ・日本の大みそか」な過ごし方。しかし、実は歌だけが「紅白」の楽しみにあらず。生放送ならではの思いがけない出来事や、国民的番組という晴れ舞台こそのプレミア感あるパフォーマンスもまた、語り草となっているのだ。そんな「紅白」にまつわるトリビアをご紹介。数多くの伝説が残る紅組から──。

【画像や図表を見る】

●紅組の初優勝は第4回。勝因は衣装!?
1951(昭和26)年にスタートした『NHK紅白歌合戦』。当初はNHKラジオでの放送で、1月3日の正月番組だった。2年後の1953(昭和28)年の第4回からテレビに舞台を移し、この回から大みそかに放送するというフォーマットが定着。この年は年始に第3回がラジオで放送されていたため、唯一年に2回開催される年となった。なお、テレビ放送ということを意識して、紅組の出場歌手たちはひときわ華やかな衣装で登場。そのビジュアル効果もあってか、この回で初優勝を果たす。実際、白組の男性歌手陣は「テレビは怖い。衣装に負けた」と、認めていたそう。

●百恵の「真っ赤なポルシェ→真っ赤なクルマ」は都市伝説?
最近は、だいぶユルくなったものの、公共放送ゆえ、メーカー名や商品名をいわないのがNHKのルール。1978(昭和53)年に流行した山口百恵の「プレイバックPART2」の歌詞に登場する「真っ赤なポルシェ」も、その年の「第29回紅白歌合戦」で「真っ赤なクルマ」と変更して歌われた…というのは、実は多くの人の記憶違い。普段のNHKの歌番組でこそ「真っ赤なクルマ」と歌詞を変えて 歌っていたが、紅白本番では特例的に「ポルシェ」と歌唱している。なお、当時の百恵は19歳。史上最年少でトリを務めたことでも話題になった。その記録は今なお破られていない。

●「紅白」史上初のアンコール秘話
1984(昭和59)年の第35回は放送前から、大トリを務める都はるみの引退(5年後に復帰)&ラストステージが話題だった。そして、本番。「夫婦坂」を歌い終えた都への拍手は鳴りやまず、ホール内にはアンコールの声がこだまする。だが、「紅白」では前例がないことだった。すると、白組司会の鈴木健二アナウンサーは、事前に都にアンコールを打診するも固辞されたことを明かしつつ、「私に1分間時間をください」の名セリフとともに、アドリブで再交渉。泣き崩れたままの都だったが、代表曲の「好きになった人」のイントロが始まると、会場と視聴者の期待に応えるかたちで、涙ながらに熱唱した。

●AKB48も初出場時は出番極少
今をときめくAKB48が初出場を果たしたのは2007(平成19)年の第58回。だが、メジャーデビューを果たしてはいたものの、まだ「初物」扱いだったこともあり、その年に話題を呼んだリア・ディゾン、中川翔子とともに「日本が誇る最先端!スペシャルメドレー」と一括りにされてのパフォーマンスだった。なお、AKBはメジャーデビュー曲の「会いたかった」を披露。メドレーの最後に、リア・ディゾンと中川と一緒に「なんてたってアイドル」を歌っている。

●ももクロ初出場時の感動エピソード
2012(平成24)年の第63回で悲願だった紅白初出場を決めた、ももいろクローバーZ。6人組だった前身の「ももいろクローバー」時代から、「6人で紅白出場」を大きな目標に掲げて活動してきた。が、オリジナルメンバーだった早見あかりが前年に脱退していたため、叶わぬ夢になってしまった。しかし迎えた本番、ももクロの5人はメドレー2曲目でメジャーデビュー曲にして代表曲の「行くぜっ!怪盗少女」を披露。歌いながら1人ずつ順番に、衣装の胸部に仕込まれた青いライトを点灯させる。ブルーのあかり、つまりそれはパーソナルカラーが青だった早見あかりも一緒にステージに立っていることを表すパフォーマンスだった。曲のラスト部分でのメンバー紹介も、6人の時にリリースした早見の名前入りバージョン、ステージ上のフォーメーションも、6人だった時の立ち位置という徹底ぶり。その心意気に、モノノフ(ももクロのファン)はもちろん、芸能界でも“感涙した”と発言する人が続出した。

番組開始初期から最近のエピソードまで集めてみたが、これでもほんの一部。語り尽くせない魅力を持つのが『NHK紅白歌合戦』なのだ。いつかトリビアになるかもしれないエピソードを探しながら、大みそかは忘れずにチェックしよう。
(平田真人)
(R25編集部)

「紅白」紅組をめぐる5つの伝説はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

タモリ&徹子で紅白視聴率上がる?
TOKIO紅白「大道具」で参加?
紅白「当・落選」にファン悲喜の声
正月=1カ月間!正しい年越し方法
「夢の正月」女の憧れTOP10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP