体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の正月とは違う、世界各国のユニークな新年の迎え方5選

70937228_758b5f4b24

Photo Credit: Flugufrelsari via Compfight cc

一年は早いもので、そろそろお正月。また新しい年の始まりがやってきます。お正月には家族がこたつに集まり、テレビを見ながら団らん。年越しそばを食べ、初詣やデパートの初売り、夜はおせち料理をおいしくいただく。比較的静かに新年を迎えるスタイルが、一般的な日本のお正月の過ごし方かと思います。

Photo Credit: justindoub via Compfight cc

文化や歴史的背景が浮き彫りになる新年の過ごし方、世界各国と比べると日本のスタイルは少し珍しいものかもしれません。

(1) 元日の過ごし方が、新しい1年の過ごし方/チェコ共和国

ヨーロッパの東に位置する、中世の雰囲気が味わえるチェコ共和国。 家族や友人とゆっくり過ごし、0時になる少し前に外に出て花火を観たり、シャンパンを開けて乾杯したりしながら新年を祝います。

チェコの首都プラハのプラハ城へ向かう有名な橋、カレル橋では毎年30分程打ち上げ花火が上がります。中世の街並みに打ち上がる花火はすごくキレイと評判で、多くの観光客が集まるとか。しかしその後1~2時間程で寝てしまう人が多いそう。

4237946887_167901126a

Photo Credit: Viet Dinh via Compfight cc

それもそのはず。キーワードにあるようにチェコでは昔から「元旦は、その一年を示す」と言われているので、1月1日は特別なことをせず、いつも通りゆっくり過ごす人が多いみたいです。

(2) 寒さなんて吹き飛ばす!花火の嵐/アイスランド

ヨーロッパでもかなり北に位置するアイスランドの1月の平均気温は、マイナス0.6度。どこへも出かけられなさそうな極寒を想像してしまいます。

9220693484_d54ffe1904_b

Photo Credit: sigosig-photography via Compfight cc

12月31日の大晦日には、町の至るところで「ブレンナ」と呼ばれるボンファイア(焚き火)が行われます。妖精達が迷わず町へ降りてこられるようにと、その年すべてのものを燃やしてしまおうという、バイキング時代からのアイスランドの古い言い伝えに基づくものだそうです。

この日はフォーマルな服を着て、友人や家族とターキーやアイスランドの伝統料理が並ぶ夕食を囲みます。ちなみにクリスマスはターキーではなく、Hamborgarhryggur(ハンボルガルフリッグル)という豚肉を食べるそうです。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。